2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

カテゴリ:北斗の拳 の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年賀状をまだ一枚も書いてないんです

kage

2009/01/05 (Mon)

今年も寒中見舞いになりそう…
そして今年も初売りの福袋を見送りました。
年始は目眩が酷くて、とても並ぶ気力が。
自律神経を整えるために、今年は万全の冷え取りに臨みたいです。
目標は「脱低体温、脱低血圧」で。
あと収入増やして今年こそ、極真始めたい。

雲のかなたに

今年の大河は濃厚に慶次出そうな気配ですが、もう配役は決まってるんでしょうか。「利家とまつ」の時は確かミッチーだったんですよ。ちょっとイメージ違いましたけど。あとうちのおかんが、どうも慶次好きらしくてビックリ。

拍手とコメントありがとうございました!

>大山さんにとって良いとしになりますように!

出さんにとっても良いとしになりますように!コメント読んでサイトにお邪魔したら本当に休止されてて驚きましたが、もうお会いできなくなる…という訳ではないご様子なので安心しました。私もこのサイトは、年末で閉鎖しようかとかなり悩んだところだったので、なんだか不思議でしたよ。
今年ものんびりおつきあいがもてれば幸いです。

>最近、老眼?に悩まされているまなより

あけましておめでとうございます!まなさんの描かれるトキみたいな優しさは出せませんが、そう言ってもらえると嬉しいです。いくらなんでも、老眼てお年ではないでしょーよ!と思ったんですが、老眼は20歳頃から始まっているんだとか。携帯やPCで目を酷使している現代人は、老眼になるのも総じて早そうですね…。ブルーベリーで目の健康祈願でスー!


スポンサーサイト

謹賀新年

kage

2009/01/01 (Thu)

あけましておめでとうございます
どちらさまも健康な一年を過ごせますように!
健康祈願は日常的にやっているので、年始はこれにしてみました。

perfect state of health

周囲の人に対する、これ以上の望みは最近無くなってきました。無病息災。
自分は一病息災で。多くは望みません。どなたも息災で。

昨年遊んでくださった皆さん、本当にありがとうございました。
今年もよろしくお願いいたします。

ギャップとスキと人間味

kage

2008/11/09 (Sun)

特にそんなつもりもなく始まった六聖まつりのトリは勿論この人です

トリの水鳥さん

北斗を代表するイケメン格でありながら、男女を問わず健康的に安定した人気を保つ南斗の人。イケメンの大概は「貴様、むやみに女子にモテおって!!」みたいな男のやっかみを買いがちですが、レイが例外的に、ものすごーフツーに男に支持され続けているのは何故なのでしょうか。

○イケメンなのに女に全然もてない=親近感
○イケメンなのにだいぶウカツ(たまにバカっぽい)=和む
○イケメンなのにそんなかっこよくない=悪いけど笑える
○イケメンなのに熱くて義理がたい=いいやつなんだよな

華麗なイケメンと、あんまイケてない言動のギャップの親しみやすさが決め手かしら…
人間、欠点が目立つくらいのほうが、端から見ると魅力的で愛すべきもんですよね。正直、ちょっと足らんのでは…と思うことがありますが、そんなの愛嬌さ!!

あとは、好きな女が他の男に夢中になっても妬まない、引き立て役に駆り出されても腐らない、みたいな性根でしょうか。それもあの容姿があってナンボでしょうけど。もうひとつ重要なポイントは、原先生の絵の清さかな…イケメンなのに、描き手の”イケメンを描かんとする作家の色気”みたいなものを絵のうえから全く感じません。他意が無いのか、他意がズレているのか、どっちにせよ原先生にしか描けない、稀有なイケメンだと思います。

拍手とコメントありがとうございました!

>リンやユリアはこうやって原作者以外の方が描かれた方が断然好みのキャラクターに見えます^^;;

ゆりあんにコメントありがとうございました~!それ、私もそうなんです…。原作のユリアは下記のような理由からも苦手なんですが、原先生以外の方が描かれると「あれっ??」と思うくらい素敵に感じることがあります。何ででしょうね??原先生自身が、描いててあまり気持ちがのらないキャラだったのかなあ、とか考えたりします。

太母

kage

2008/11/08 (Sat)

グレート・マザー
ゆりあんは北斗一おっかない人だと思ってます。
慈しみ包み込む母性より、支配して呑み込む母性のイメージ。
北斗男児の多くがこの人の影に苦しむ中、六聖というポジにありながらも、フツーに嫁を娶って、健全な息子を育てあげ、子供にも大人にもへだてなく慕われ、サウザーやレイみたいな難しい連中ともおつきあいができるシュウは、母性の支配を脱した大人の男(父性)の手本か理想と思う。

病状は現状維持。良くはならないけど悪くもなってませんでした。いいことです。
次の検診は来月。今年はずっと三ヶ月に一度間隔だったので、急に間隔が狭まったことが気になるといえば気になる。でもまあ、今回も大丈夫。検査もナシ。安心したとこで、はやくお手紙出さなくちゃ…!

なんでこんな遅くなってんだろ…Nさん死ぬほど超ごめんなさい。泣。

気にしている自分を気にすんなよと

kage

2008/11/06 (Thu)

スーさん

明日は定期健診です。リンパの腫れもないし、特に変化なしと信じて診察行ってきます。
「体に爆弾を抱えていることを気にしている、ことを気にするな」という主旨の助言を先輩にいただきました。そうそう、気にすんなって言われても、魔法みたいに病がきれいサッパリ消えない以上はどうしたって気になるし、忘れてろってのも無理なんだ。そうなると、気持ちの在りようを変えるしかない。

気にしている自分を気にしない、というのは精神衛生上たいへん良い対処法だと思います。
病気だけでなく、使いこなせれば何にでも有効なセルフコントロール術じゃなかろうか。

健康には何の憂いもないのが一番です。皆さんどうぞお体を大切に。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。