2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

カテゴリ:Yuzuru Hanyu(羽生結弦) の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビューティフルペイン

kage

2015/09/01 (Tue)

夏バテ×夏風邪の波状攻撃に延々苦しみ続けてます。
マジで3回くらい救急車呼びかけた。熱中症にもなりました。
すっかり虚弱体質になっちまってほんとつらい…。

ついでに今日は半年ぶりのMR検査の日です。寝て起きたら大学病院行きます。怖くて熱も出ますわ。
先週から不安でずっとお腹痛いとかいう話は、検査終わったら闘病記録のほうにまとめて書いときます。

そんな感じでただのしかばね状態だった8月ですが、羽生結弦という天からの使者に救われて、どうにか蘇生しました。
全大山の彷徨えるソウルが浄化されましたよ。24時間テレビですよ。
女子アナの俗ナレが今年も無粋でしかありませんでしたけど、聖も俗もまとめて昇華する羽生さんのアルティメット感たるや。
円環の理に導かれそうになりました。
お母やんは「お役目なんだねぇ」としみじみ。そうやね…。
正直、この人はなんと重いものを背負って往かねばならぬのかと、見ていて辛くもなるのですが。
役目を果たすために遣わされた人たちの胸の内などはかりかねるので、ただもうこの青年がお役目を終えるまで見守るしかありませんの心境。
あと羽生さんを語るには、言葉を尽くすほどに本質から遠ざかるの心境。
美辞麗句を並べ立てるほどに陳腐になるよ。
日ごろ羽生さんに全く関心ないJKとかの「羽生くん見て号泣したんだけど何で泣いてるのかわからない」みたいな何気ない一言こそが、一番核心をついていると常々思います。
ので今回もいらんことは言葉にせず、24時間テレビをまとめた動画を作りました。
ちと重いよ。私が勝手にこめたものが。

Eminem - Beautiful Pain feat. Sia


エミネムのきっちり訳など私には無理なんで、日本盤の歌詞カードを頼らせていただきました。
あと戸田なっちばりの意訳がテンコモリだから、激怒する人が出るかもしれないので?(字幕­:戸田奈津子)

じゃあ検査がんばってきます!!

スポンサーサイト

「絶対に屈しないって俺が言ったらどうする?」

kage

2015/08/07 (Fri)

夏バテで倒れ伏してますけど、とりあえず執念で最終日にマッドマックス見てきました。
たった一回しか映画館で観れなかったなんて、ジョージ・ミラー先生にどう詫びればいいのかわかりません…ほんとつらい。
今のところ次作もシャーリーズ・セロンは出るみたいなんで、クライマックスで隻腕に謎武器をガボッと装着してロケットパンチ撃つフュリオサとか欲しいすねぇぇええロバート・ロドリゲスのキャラみたいですけど。

映画は8月中になんとかあと6本見ようと思ってるんで、アベンジャーズ含め月末にまとめて感想書きたい。


さて。

今日は久々に羽生さんMAD作りましたよ。
最後に投稿したGPFのやつが去年の12月作なんで、約8ヶ月ぶりですか…。
えらい間隔あきましたが、とりあえず「メンナクの新作がそろそろ欲しい」というリクエストが多いんで、メンナク第三弾いかしていただきました。

今回は選曲ガチだから!

ナックルガイの好む音楽を適当に模索してきましたけど、やはり正解はロックでしょう。
フー・ファイターズならもう、間違いなく全ナックルガイが納得して天に還るハズ。



What if I say I will never surrender?

どうすか??今度こそ正解じゃね??
ていうか個人的にも超思い入れあるガチ選曲すぎて、いつもの服いじりとかネタ系には満足に走れませんでした。
メンナクコピーすら手懐ける、千の言葉より残酷な羽生結弦という説得力。

おまけ。去年の10月に作ったTitaniumがフォルダに残ってたんでYoutubeにも再投稿しました。



お絵描きもしたいけど、またぽつぽつ動画も作りたいですね。

燃え上がれ、俺の厨二魂よ!

kage

2015/07/28 (Tue)

体調は最悪でしたが、羽生さんのアイスショー行脚はとりあえず全部録画して拝み倒しました。
全てのナックルガイを天に帰すことができる男は、まじで今ユヅルハニュージャパン(20)しかおらんと思います。

だってもうさあ。陰陽師ですよお嬢さん。安倍晴明ですってよお嬢さん。
もう「羽生さんケンカ売ってんすかね?」レベルで、ある種の特定層狙い撃ちですよ。
普段ハニューさんの話には特に乗ってこない某漫画家さんにも、何気なくSEIMEIの写真見せたらな。
「なにこれ…!!はにゅうくんカッコヨスギダローー!!はにゅうくん描く描く!ぜったい描く!」
って約束してくれたYO!陰陽師ユヅルの破壊力凄すぎる。

でもって去年から私、「ファティマ・結弦」という可能性をずっと模索し続けてるんですけど(なにやってんだろうね)。
昨シーズンは、旧ファントムがファティマ「フローレス=流血のファントム」、新ファントムがマスター「氷帝・羽生ユヅル(騎士)」って設定がいいかなと思ったんですが。

SEIMEIバージョンのファティマにしてみました。

ファティマ・羽生結弦

永野護タッチを似せるのは無理なんで諦めて自分の絵で描いた。
久々に厨二力ぶんぶん唸らせたよ!!
あとクリアランスをフローレスにするかVVS1にするか超迷った。
ちなみに私のFSSの記憶と知識は、連載休止になる前(ゴティックメード制作に入る前?)に読んだきりの状態で止まってるんで、色々間違ってるとこは雰囲気で流してください。
今はファティマじゃなくて、オートマチックフラワーズとか言うんだよね?たぶん。

とか書いてたらなんと!
FSSの新刊出るんですね。9年ぶりだって。そりゃ誰しもトシとるわな。



おまけ。
「女の子を一番可愛く見せるアイテムはやっぱり斧。 」
というボンクラ的主張に超同意したんで、ユヅルさんで描いてみたけど可愛くはなりませんでしたの巻。

ono.gif

台詞はNHKのインタビューだかの「けっこう城が好き」発言を改ざんしてます。
そして念のため念押ししときますけど、私が勝手に描いてるこういう一連の落書き(YUZURU活動と呼んでます)は。

実在の人物とはもちろん一切関係ありません。



アオイホノオ

kage

2015/06/03 (Wed)

アメリカン・アイドルのフィナーレを見届けて、腑抜け状態のまま突入する例年通りの6月がやってまいりました。
OSUMOUも終わったしな…ていうか照ノ富士すげえね。逸ノ城の成長とか気長に待つまでもなかった。
春場所でテルテルに負けた時の白鵬が「負けたのか…オレは…」って、誠凛に負けた青峰みたいなツラさらしてたのにもグッときたけど。やー強い。まじ強い。
それより琴奨菊がまたカド番なんですけどね!驚かんけど。カド番長やわ。
でもカドバンのきくたんは「え、大関かと思った。」て言われるくらい奮起するパターンが多いんで、できれば怪我の極力ない状態で発奮していただきたい。
まあテルテル大関なったし、そろそろ陥落か引退かなって予感も覚悟もありますけど。その時はその時で。

さて。
シーズン14の狂騒(※男尽比)も去ったし、梅雨入りもしたんで、このブログも通常運転に戻りたいと思います。



前の投稿からかなり間隔あきましたがユヅルハニューですか。
ユヅルハニュージャパンですね。

もう「羽生結弦」って連載自体がとっくに新シリーズに突入してるわけで。
クラス中の女子が今週号と次号の話題でMO☆CHI☆KI☆RI状態なわけで。
いまさら終わったシーズンの話をすんのもアレなんで、昨シーズンの個人的な感想を、かんたんに絵にしてみました。



岡田あーみんで表すならこんな感じ。

愛咲ルイ系譜の羽生結弦




島本和彦で表すならこんな感じ。

島本和彦「アオイホノオ」

タイトルはもちろん「アオイホノオ」です。
羽生ユヅルのキャラクターは当然こうですけど、まあ羽生結弦さんとたいして乖離ないよねっていう。

熱血スケーター十訓

もうホントたいへんでしたね…手術明けの世界選手権とかもう。
「僕はもう羽生さんが、生きて還ってくれさえすれば、それでいいんです。(CV:松岡修造)」
みたいな境地に辿り着きましたが。それが良いとか悪いとか知らんよもう…。
「どうしようもない男に心を奪われちまった以上どうしようもない」って現実を、日々享受したり持て余したりの繰り返しですわ。

つーかこういう絵とか、自分の意思で「描きたくて描いた」のって、退院して初めてですよ。まじで。
うぬは闘病人の魂までをも蘇らせるか。(CV:内海賢二)※良いのか悪いのかは知りませ…

オラの厨二魂は…まだまだ死んじゃいなかったぜ!!!

生きてるって素晴らしいね!!

やけくそ気味にまとめて強引に終わります。


臆せば死ぬぜ!!!

kage

2014/12/24 (Wed)

グランプリシリーズというか。
「羽生結弦物語~不屈の激闘編~」ですね。
初っ端からフリーザ編の如き凄まじいヒキの超展開を繰り広げた挙句、決戦の地バルセロナをアオイホノオで燃やし尽くして締めくくられましたけどもユヅルハニュー物語。やーまじ凄かったっす。

漫画やアニメの超展開には、ガキの時分から大概じゃなく慣れ親しんでいるオタクの身ですら、聞きしに勝る羽生劇場っぷりにはもう、唖然とするほかありませんでした。なんだこれ。
なんて言うんすかね。もう…なんも言えねえ。おくちポカーンすわ。
とりあえず無難な感想としては「羽生くんの笑顔が見れて良かったです!!!」としか。こなみかん。
しかし数多あるフィクションをも霞ませる「羽生結弦」という生き様の目が眩むほどの鮮烈さよ。
いや〜あれはホンマにあかん男やで…なんでみんなあの男に夢中なの???
いかんやろ。マジで。

なんかもう…この一ヶ月はテラフォや進撃や黒バスの新刊とか読んでも一切頭に入ってこなかったです。
地元にシネコンできたおかげで、フィンチャーやノーランの新作も普通に劇場で見れるようになったんですけど、なんかホントにもう…ベイマックス?横綱相撲でしたね。感想おわり。
寄生獣のアニメへの突っ込みとかも結構楽しくやってたんだけど、全てが色あせて見えるこの怪奇現象。
羽生結弦というノンフィクションがなにしろ強烈過ぎて。
ユヅルハニュージャパン。あの男だけはいけません。
あれはマジで心奪われたらダメな男です。悪いこた言わんから、みんな錦織くんにしときなって!!

まあ、さすがにここまでの羽生劇場をお目にかかることは、生涯二度とないとは思いますが(またあったら困るよ心臓もたねーよ!!)2014年のグランプリシリーズは、ファンになっていきなりの洗礼を受ける事態となりました。
とりあえず心臓は超鍛えられましたよ!!いいのか悪いのかは知らん。

衝撃が大きすぎて羽生くんの生誕祭は何もできませんでしたけど、GPFをまとめたMAD作りました。
羽生さんが笑顔を取り戻してくれたんで通常運転です。
元ネタの映画はさすがに見てません。単純に一番笑えた音源をお借りしました。



寝かしつけたハズの厨二熱が昂ぶってきたんで、なんかお絵かきできるといいな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。