2014 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2014 09

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな時どんな顔をすればいいのかわからんので

kage

2014/08/04 (Mon)

20140804.jpg

このブログが応援していたAIシーズン7卒業生のマイケル・ジョーンズ氏が亡くなったそうです。享年35。
足の血栓に痛みを感じて病院へ行き、翌日の8月1日、眠ってる間に逝ってしまったらしい。らしい。

「死」は突然足音もなく飛来し日常を奪う。テロリストのように。
って何の言葉だったかな。思い出せない。

泣けばいいのかな、と思ったけどニュースを読んでも何時間たっても信じられないから涙も出なくて。
頭がふらふらする。しんどいけど、ああ、大好きだった人の追悼記事を書かなくちゃ。
動画貼るならやっぱりAI予選のBohemian Rhapsodyだよな。
あれがきっかけで好きになったんだからって動画を見始めたら、この人の新しい歌声はもう二度と聴くことができないんだって現実に胸が締め付けられて、途中から涙が溢れて止まらなくなって最後まで見れませんでした。

だからまだお別れの記事は書けません。つらいです。つらい。
かわりに「お別れは言わない」と歌った過去のダニーのMVを貼っておきます。



MJをご記憶の方はどうか、1秒でいいので彼に思いをはせてあげてください。




スポンサーサイト

Miss you

kage

2014/08/03 (Sun)

FOX日本放送のglee5を全話録画してあるんですが、4話以降をきちんと観れず放置したままになっています。
何でだろうかと理由は特に考えずに過ごしてたんですが、7月13日にようやく理由が解りました。

20140803.png

私が1番好きなキャラは「僕はゲイだ」とメルセデスに告白して涙を零した瞬間から、ずっとカートでした。
カートに幸せになって欲しかったから、ブレインが登場した時は本当に嬉しくて、Klaineというカップルが誕生した時は世界中のgleekと同じく、文字通り転げまわって喜んだものです。
Klaineは大好きで大好きで、絵もいっぱい描きました。同人誌からグッズまで作ったな…。
今でも変わらずカートが1番好きです。ブレインも好きだけど、思い入れの深さとつきあいの長さでやっぱりカートが1番。
gleeもあと12話で完結することになりましたけど、カートに幸せな結末が用意されていることは疑ってないので、物語がどう結ばれることになっても、たぶん満足できると思います。

だけど、カートよりも何よりも私が好きなのは「glee」という作品そのものでした。

だからフィンが劇中から永遠に旅立った時点で、私の中のgleeは完結していたのだと気がついたんです。
コーリーの一周忌に、仲間たちが寄せた彼を恋しがる言葉の数々を見て、ようやく得心がいきましたよ。
フィンは1番好きなキャラではなかったし、コーリーも特別に応援していたわけじゃないけど、それでも「フィン・ハドソンのいないgleeはもうgleeじゃない」とはっきり認識していたらしいです。
だからフィンがみんなに愛をもって送られるのを見届けた3話の時点で、私の中でgleeは終わったみたいです。
さんざん泣いたしね。

それは勿論、続きを見れば「やべぇgleeやっぱ面白ぇぇぇぇ!!!!」ってなるに決まってますけどさ!
私の中ではもう、フィンの退場で完全に区切りのついた作品になっていたことがハッキリしました。

なんだか切ないような寂しいような恨めしいような慕わしいような、複雑な気持ちでいっぱいです。
ずっとフィンを育ててきて、フィンのために素晴らしい結末まで用意していたRMはなおさらそうなんだろうけど。
これからもgleeは何度も見返すだろうけど、その都度シーズン5の3話でストップしてしまうのかなと思いました。

「マッキンリー高校glee部の顧問になったフィンのもとへ、スターとなったレイチェルが訪ねてくる」という、RMの当初の構想通りのエンディングを迎えるgleeが見たかったです。これ以上に素敵な結末はないと思う。

コーリーが恋しいです。本当に。心から。


30年後のジュリアンとリップ

kage

2014/08/01 (Fri)

『レス・ザン・ゼロ』という映画をご覧になったことあるでしょうか?

RDJファンならとりあえず知らん人はおらんのですが、すげー大雑把に説明しますと。
アンドリュー・マッカーシーが主人公で、彼女役がジェイミー・ガーツ。
上の二人の友人で、ドラッグ中毒の青年を演じてるのがRDJ。
ヤクの売人の悪役がジェームズ・スペイダーという1985年作品です。



原作はブレット・イーストン・エリスの処女小説。
原作も有名ですけど、この作品が未だに映画ファンの間で知名度が高いのは、無名時代のブラピがノンクレジットで出演しているのと、「どこまでが演技でどこからが素なのかかわからない」若きメソッドアクターRDJの熱演ぶりにあります。

以下結末までのネタバレ。
冷酷な麻薬売人の「リップ」(ジェームズ・スペイダー)に莫大な借金をカタに脅迫され、名門校出身のお金持ちのお坊ちゃんから、ゲイを相手に売春する男娼にまで身を落とした「ジュリアン」(RDJ)。ジュリアンの危機を知った主人公たちが彼をなんとか救出するも、時すでに遅く、逃亡中の車中でジュリアンはオーバードーズで死亡して幕切れ、という陰鬱な映画っす。

ダウニーJr.という役者の存在感を世に知らしめた最初の1本と言えるんですけど、ハッキリ言ってRDJのヤク中演技は真に迫り過ぎてて、とてもじゃないけど…………………………正視できないんすわ…!!辛すぎるんだYO!!
いや他にもヤクやってたりアル中だったりな役はダウニーさんお得意なので年がら年中やってますけど「一歩間違っていればRDJはジュリアンと同じ末路を迎えていたかもしれない」と未だにリアルに背筋が凍りつく1本なんです。シャレならん。
ジュリアンを体現する若きRDJの熱演は必見なんですけど、私は殆ど見返すことができません。

ちなみに原作はジュリアン死なないで話続いてくんですけどね。続編も近年発表されたし。
「RDJが演じるジュリアン」には、救われない死の結末が必要だったんすかね。

2014080103.jpg

今やハリウッドのAリストに返り咲きどころか「THE KING」の座に君臨しているRDJの最近の話題といえば、「アイアンマン4」のオファーで提示されるギャラがハリウッド俳優史上最高額になる見込みだとか。
フォーブズ誌の「今年最も稼いだ俳優」でV2達成して、昨年の収入は日本円で約75億円だったとか。
もう桁が違うような華々しいものばかりだけど、それでもRDJが「いつ死んでもおかしくない」とか言われていたボロボロの時代をリアルタイムで見てきたファンにとっては、「オーバードーズで死亡したジュリアン」というキャラクターは、「そうなっていたかもしれない最悪のRDJ像」として、未だにあまりにもリアルなのでした。

でもって、なんで突然この鬱映画の話をしているのかというと。

先日開催されたコミコンで「アベンジャーズ」の続編のキャストがアッセンブルしまして。
新作のラスボスであるところの「ウルトロン」に扮するジェームズ・スペイダーも登壇したんです。
ジェームズ・スペイダーです。ジェームズ・スペイダーですよ!
今は「ボストン・リーガル」で有名だと思いますが、上述の鬱映画でRDJを死に追いやったリップを演じていたジェームズ・スペイダーです。
そのスペイダーとRDJのこんな写真がコミコン経由で撮影されました。

30年後のレスザンゼロ

なんかねーーもうこの一枚を見た瞬間に、涙でましたよ。
ジュリアンとリップの、あまりに穏やかな30年ぶりの邂逅に見えて。
映画の中ではジュリアンは死んじゃったけど、原作通り生存してたら、あの二人はその後年月をかけて、こんなふうに和解できたんだろうかと。
自分の中で『レス・ザン・ゼロ』という作品に対しわだかまってた大きなつかえが取れたような感じでした。
人生って嬉しいものですね。(小椋佳)

えー、そんなアベンジャーズの続編『エイジ・オブ・ウルトロン』の日本公開は2015年4月25日に決定しました。
「銀河最遅公開」とか揶揄された前作とはえらい違いだな日本よ!!北米公開より早いよ今回!!

アベンジャーズアッセンボー!!

来年の公開が近づいてきたら、RDJとスペイダーが一緒にインタビューに応じたり、こんなふうにまた一緒に写ってる写真がいっぱい出回ってくると思うので、そうしたら改めて『レス・ザン・ゼロ』を観ることができるようになるかなーと思いました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。