2015 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2015 03

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それより話は来週だ!!

kage

2015/02/27 (Fri)

Top12女子回の雑感です。ネタバレ全開につきご注意ください。

20150227.jpg

とか言いつつ女子回は超やっつけですゴメンナサイ。

だって スッゲーつまんなかったから。
男子が見ごたえアリだったんで女子も期待してたんですけど、ぶっちゃけ低調すぎて眠くなりました…。

そんな感じなんで、主観採点とかも今回はナシで…。
言いたいことは概ねネタバレ掲示板のほうに書いてます。

とりあえずサリーナはぶっちぎりに良かったです。
あとカワイイ!サリーナめっちゃ可愛い!な!



でもサリーナが出てくんの最後から3番目なんで…そこまでが長いんや。
特に中盤は、眠気を誘う退屈パフォの波状攻撃が待ってます。
サリーナの次が女子優勝候補の筆頭ジャックス、トリがティアナでどうにか番組としてメンツを保った感じ。
でもジャックスはなあ。声も容姿も個性も持ってるけど、好き嫌いハッキリ分かれるタイプすね。

男女含め大トリはティアナってことで、今のとこ番組が推したいのも彼女なんでしょう。
ティアナは好き嫌い分かれないタイプだからなー好感度ぶっちぎりや。



個人的にはジョーイの太い腕&白いモチモチの肌&声とかスタイルとか色々好みなんで、彼女にはもうしばらく頑張って欲しいと思ってます。



あとは特にチェックする必要はないかと。
日本放送待ちで十分っス。
ぶっちぎりで酷かったのはシー&ラヴィだけど、美人だから今週は残るかもな。予想に迷う。

うーん。私の脱落予想は。
アダナ、ローレン、アレクシス、シャノン、にしときます。
でもシーとらびー落としたら全米偉い。

それより来週はモータウン週だそうです。
メンターはアレサ様だとよ!!!
ソウル回は毎年一番楽しみにしてるんで早すぎィィ!…思いましたけど、モータウン16曲も聴けてアレサも見れるんなら文句ないっす。
結果発表回でアレサが歌ってくれれば完璧ですが、それは無理じゃろな…。

スポンサーサイト

圧倒的女優感

kage

2015/02/27 (Fri)

シーズン11なんて知らん人ももう多いかもしれんので、伝説の神パフォを貼っておきます。
アメリカン・アイドルでWhen A Man Loves A Womanと言えば、後にも先にもこの人。

ジョシュア姐さん(Joshua Ledet)です。

これを超える「男が女を愛する時」は今後も絶対に出ないでしょう。
クラークもなかなか健闘したけど、審査員全員が歌い終えるのを待ちきれずに途中で立ち上がった、この圧倒的なステージ制圧力を見よ。



いやーすげー。これでも優勝できなかったからねこの人。3位でした。
ちなみに2013年にホワイトハウスでも披露してます。



ショタとオタクが自爆して

kage

2015/02/26 (Thu)

Top12男子回の雑感です。ネタバレ全開につきご注意ください。

20150226.jpg

言いたいことはだいたいネタバレ掲示板のほうに書きましたけど。
「AI見れんのも今年がマジ最後かもしれん」という焦燥感が拭えないので、今期はTop24の段階からマメにブログでも感想残しておくことにしました。
あと純粋に、Top24の段階で既に十分に聴き応えありだったんで。


今週の選曲&主観による採点(10点満点)

・Adam Ezegelian – Twisted Sister’s “I Wanna Rock” — (6/10)
・Michael Simeon – Michael Bolton’s “How Am I Supposed to Live Without You” (5/10)
・Savion Wright – Train’s “Hey, Soul Sister” — (5.5/10)
・Mark Andrew – The Band’s “The Weight” — (8/10)
・Trevor Douglas – Gavin DeGraw’s “Best I Ever Had” — (4/10)
・Clark Beckham – Percy Sledge’s “When a Man Loves a Woman” — (8/10)
・Rayvon Owen – Nick Jonas’ “Jealous” — (7.5/10)
・Daniel Seavey – Jason Mraz’s “I’m Yours” — (4.5/10)
・Riley Bria – Eric Church’s “Homeboy” — (5/10)
・Quentin Alexander – Screamin’ Jay Hawkins’ “I Put a Spell on You” — (7/10)
・Nick Fradiani – Ed Sheeran’s “Thinking Out Loud” — (8.5/10)
・Qaasim Middleton – Mark Ronson & Bruno Mars’ “Uptown Funk” — (6.5/10)


パフォーマンスの精度だけで採点すると、個人的にはこうなりました。
Nick>Clark>Mark>Rayvon>Quentin>Qaasim>Adam>Savion>Michael>Riley>Daniel>Trevor

でも今回、良くも悪くも一番注目集めたのは間違いなくクエンティンですね。



お茶の間に流しちゃいけないもん流しちゃった感スゴイんですけど。
VFTWが存命であれば「俺たちの大型アイドル久々にキター!」状態に陥ったに相違あるまいて。
怖いのはrinoさんも危惧する通り、Q2組がインパクト勝ちでアフリカ系票を集めて、きちんと歌えます組れいぼん&さびおんが割食って落とされることなんですけどね…。
ていうか Savionは実力を発揮できないまま今週で落ちると思います…。
だから選曲は大事にしなさいとサイモンがあれほど言うておったに。泣。

れいぼんは選曲もはまってて手堅いパフォでした。



あとニックはQ2に挟まれて、存在感的には風前の灯火状態でしたが、パフォ自体はなにげにグレードAランクでした。
あの強烈なQ2サンドというイジメにあいながらもブレず。男前やな。これなら今週は残るでしょう。



かたや選曲もばっちりで、期待度も満点だったお肌もツルツルの若い子組ですが。
ショタとオタクとカントリー息子。は揃って自爆しました(悲報)



ダニエル緊張しすぎィィ!!
音楽もステージもぜんぜん楽しめてなくて、いいとこ何もなかったけど、歌い終えてホッとしてニコッとした瞬間のすきっ歯が可愛かったんで、まあ今週は大丈夫でしょう。
メリンダ先輩すら思わず「ダニエルきゃわわ」と呟いておりました。
しかしショタっ子ダニたんは初っ端から既に限界が…潜在能力の問題じゃなく経験値にね。
来週もこの調子なら、優勝候補からはさすがに外すしかないですね…。
今期は早々にこの子に賭けただけに厳しい。
若くて可愛い子組の「圧倒的経験不足」という現実を見せつけられました。
「ダニエルは2~3年後に出れば良かったのに」て意見が多すぎるんだけど、だからさー。

そもそも来年AIないかもしれないからね?

オタク代表とればーも景気よく自爆したけど、本人が楽しそうだったんで今週は残ると予想。
ライリーもあかんかったけど、カントリー息子枠いっこだから残るかな。

今週改めて感じたのは「クラークは本気で勝ちにきてる」ってことです。
視聴者投票1週目なのに、なんと弾き語り封印という作戦に出ました。
今の段階でも歌唱力だけで当面勝ち抜く自信と勝算があるってこった。



やっぱり、週を追うごとに徐々に引き出しを見せていく作戦だと思って見てます。
男子優勝候補筆頭は彼ですね。

あとは。
大方の予想通りトップバッターを任されたアダムですが、全てにおいて「想定内」なのがもったいない。
歌えるし面白いのにね。今年出たのがあかんかった。彼の場合は「遅かった」って意味でね。
去年けーれぶが優勝してなかったら、アダムは賑やかし要員を兼ねてかなり残れたんじゃないかと思うんだけど、今場所は即帰宅コース濃厚です。

マークは良かったんだけどホント…印象に…残らなくて…。
これはもうしょうがないですね。
今週は男子も女子も4人脱落ぽいので、私の脱落予想は。

マイケル、マーク、アダム、せびおん、でドン。

実力的にはこの人にきて欲しい所存

kage

2015/02/25 (Wed)

つるんと可愛らしいショタ枠ダニエル、明るいオタ枠トレヴァー、美声枠レイヴォン。
…あたりをとりあえず今場所の推しメンに挙げてましたが、ポテンシャル的にはこの人こそ優勝候補なんでないかと。



クラーク(Clark Beckham)22歳

いや、ここ数年の傾向から言って優勝は無理でしょうけど、そのくらいの実力者だと思います。

ハリウッドの最終審査でGeorgia歌ってるの聴いてようやく「おおこれは!」ってなりました。
遅え!とネタバレ掲示板で叱られましたが、地方予選のギターはあんまりピンとこなかったんですよね。
ダニエルの記事で書きましたように、今年はとにかく若い子推しでいこうって決めてたんで…。

とにかく最後のライブ審査ですね。これは熱かった!



若干オーバーソウル気味とも思いましたが、ハリウッド予選全体を通してもベストパフォーマンスでしょう。
ついでに“Let’s Get it On”、“Try a Little Tenderness”、“Georgia on My Mind”と、ここまで選曲が狙いすましたように渋過ぎる(ついでに明日の本選で歌うのは“When a Man Loves a Woman” )のも、競合メンツのいない「ブルーアイドソウル系」と印象付けることで、序盤戦を勝ち抜く戦略ではないかと予想。

だって自作曲はこうなんですよこの人。



Titaniumのカヴァーもこのレベル。勝ち進む事に手の内をどんどん見せてくるんじゃないでしょうか。



Top3には正直残って欲しい逸材です。今年は男子熱いよ!!




Amen (x3)

kage

2015/02/25 (Wed)

小学生の時に見てたら「デビルマン」の魔女狩りシーン級のトラウマになったに違いない、ホージアのTake Me To ChurchのMVなんですけど。
なんとかこの暗黒の映像世界に、一条の救いの光が射すような解釈は見い出せないものかと考えまして。

「リンチの首謀者の男が実はゲイで、引きずっていく男のことを、気も狂わんばかりに愛してる」

ってのはどうかな?どうだろうかと。
ふと思い至って、そういう設定のもとに見てみたんですけど。



ますます辛くなって泣くしかなかった。

どなたかこのMVになんでもいいから救いをもたらしてください…。

ケリーのHeartbeat Songのゲイカポーとかは幸せそうでいいよね…。



ちなみにこのMVでゲイカップルを演じたキャスト二人は、撮影中にサプライズプロポーズを経て本当に結ばれたそうな。



よかったね!!!

ほんの持ちネタですが

kage

2015/02/25 (Wed)

えー。半年ぶりにMRI検査受けてきました。
…という話は、週末に主治医の先生に連絡もらったら、改めて記事にします。

ので、通常営業でアギやんのモノマネ貼っておきます。ジミー・ファロンのアレ。



アギばかりが持て囃されてるけどジミーも上手いよね。
モノマネは特徴をつかむことが大切だ!(しりあがり寿談)
ついでにアダム・レヴィーンのやつ。普通に似ててびっくりした。



このコーナー好きなんで、今後もいっぱいやって欲しいです。
歌ってないけどオマケにケヴィン・スペイシーも貼っときます。



ていうかクリストファー・ウォーケンのモノマネはただの鉄板ネタじゃねーか!
ランダムでもなんでもねー!!

男複数大作戦

kage

2015/02/22 (Sun)

米国のオーディション番組にさっさと見切りを付けたサイモンが、英国のオーディション番組で相変わらず絶好調な件について。
サイモンのレーベルSycoから、デカい新人売り出すよーって煽りの日本語記事を何気なく読んだら、ブリテンズ出身組でした。情報遅いねごめん。
この動画の最後のサイモンのドヤ顔はらたつわーーー…。



コラブロ(Collabro)

去年のBritain's Got Talentで優勝したグループだそうです。
色々な意味でイル・ディーヴォと1Dの中間あたり狙いですかね。ぬかりねえなあ。サイモンがね。
ルックスは粒ぞろいとは言い難いけど、歌える男子が群れるとイケメン度が増して見える音楽マジック。





ぶっちゃけこの3年くらい、オーディション番組どこじゃなくて完全にノーチェックだったんですけど、ブリテンズはコンスタントに色々と発掘してきますね。
米オーディション番組はもう、老舗AIすら何も掘れない枯渇状況下にあるというに。
この差はなんなんだろう。わしらも素直にUKのほう追っかけるべき?
ひとり勝ち状態のサイモンの高笑いもそりゃ止まらんわな。
今まで手掛けたので賞味期限過ぎたのは、とっとと切ればいいしな。



日本盤は4月頃に発売だそうです。来日公演もあるそうな。
今年のAIは落選したWGWG集めてボーイバンド作ってみたらどうじゃろ。

It's a Wonderful Life

kage

2015/02/21 (Sat)

シーズン6の日本放送も4月からに決まりました。

Glee シーズン6 【ファイナル・シーズン】 放送開始日時: 4/13(月) 21:00スタート

未だにフィン追悼ep以降は1話たりともちゃんと見れてないんで、4月までに何とか追いつきたいですね。
でもダイナマイト級のネタバレは普通に入ってきちゃうんで、見ておらずともだいたいの流れは知ってます。

でもって今日は、世界中のgleekにとって忘れ難い記念日となりました。
なんだろ。もう泣くしかない。
天使が最後にサンタナを救ってくれたよ。



あー。
こんな夢みたいなハッピーエンドが、サンタナに用意されてるなんて思ってなかったです。
ライアン・マーフィーありがとう。

正直、Klaineが結ばれたことよりも、サンタナが救われたことのほうが嬉しくて自分でもびっくり。
gleeも6年間見続けてきたわけだけど、最終シーズンも残り4話になって突如気付いた。
私は、サンタナに自己投影してglee見てたのかもしれん。
だからサンタナが「男なんてどうでもいいの。あんたを愛してるの」ってブリの前で泣いた時に、あんなに胸に突き刺さったんだろうなと今頃腑に落ちる。

リアルタイム視聴直後に描いたブリタナ絵。
2011年3月10日投稿になってた。


ブリタナ


これ描いてから4年後。
現実はこうなりました。まじ夢みたい。夢かな?


ブリタナ


ブリタナ結婚記念に、独身時代の二人を描いたマンガを載っけておきます。
シーズン3の2話"I Am Unicorn"視聴後に描いたものらしき。
2011年10月20日投稿になってた。


ブリタナまんが



ブリタナまんが

つまり何が言いたいかって。


嬉しい!嬉しい!!
嬉しい!!!!



良かったねサンタナ!はー幸せ。しあわせ。
この回のブリタナはglee史に残る美しさでした。ブリまじ天使。

glee世界はあと4話で終わります。
ブリタナの物語は完璧な形で輪を閉じ、永遠のおとぎ話となったのでした。完。

2015022103.jpg

ブリタナとクレインがおさまるべきところにおさまって、幸せなんだけども「ああ本当にgleeが終わるんだな」という放心状態にも陥ってます。

あとひとつだけ残ってる課題は。
片割れの永遠に失われた「フィンチェル」の精神的な落としどころを、最後にどうするかですね。
でもこれも、ライアン・マーフィーを信じてます。


男が男に恋をする瞬間をとらえた貴重映像

kage

2015/02/20 (Fri)

labu先輩に「アレックスよりこっち貼っとけ!」て脅されたんで、懐かしのSYTYCD地方予選動画を貼らせていただきます。
何年前だろうねこれ。シーズン7かな。

「ヘアスプレー」やらで有名な映画監督のアダム・シャンクマンちゃん(乙女)が、ビリーのダンスにハート鷲掴まれ過ぎ&トキメキ過ぎ&呼吸荒くなり過ぎ&ついに涙腺崩壊に至るという、もう
自分でもどうすりゃいいのかわかんなくなってる映像 です。



いや普通にビリーの素晴らしい予選映像なんだけどね。
「人が恋に落ちる瞬間を初めて見てしまった(ハチクロ)」系のネタ動画になってました。
しかし「one word..........homo」てコメントとかひどすぎるだろ!

そんなシャンクマンちゃん (50歳)のライバル、ライマン・マーフィーちゃん(49歳)はミュージカルとホラー大好きな典型的ヲタっ子なくせに、学生時代の彼氏がジョックだったとか、超勝ち組だし頭いいし意地悪だし、根っから陽性でちょっと頭タンポポ気質のシャン子とは正反対なタイプ!!
ま、シャン子誰とでも仲良くできるからgleeでは一緒に仕事したけどね!

マー子の秋からの新作ティザーなんかこうよ!



ナニコレかーわーうぃーいー!ポップな血みどろホラーミュージカル?
ヤダそれ超新しいーー超おしゃれーー!!!
マー子ったら、無駄に歌えるキャストばっか揃えてんのよ怪しいわ!
(※ライアン・マーフィーの新作TVシリーズ「Scream Queens」のキャストとして、現時点でエマ・ロバーツ、キキ・パーマー、リア・ミシェル、アリアナ・グランデ、ニック・ジョナスなどが明らかになっています)

あーシャン子に超会いたいね…どうかSYTYCD日本放送してください。
ていうか。

アダム・シャンクマン監督の次回作にご期待ください。


いつのまにやらおめでとう

kage

2015/02/18 (Wed)

日本放送打ち切られて久しいんで、もう殆どおっかけられなくなっちゃいましたけど。
久々にSYTYCD関連の話題です。

先日のグラミーの余波で、Siaが生出演で歌ってるシャンデリア映像掘りをしてたんですけど。
去年のDancing With The Starsのリザルト回?にSYTYCD組からアリソン(Allison Holker)が出てました。
再生回数スゴイから今更なんだろうね。ごめん。
アリソンは日本放送ではオールスター組で活躍してた女性ダンサーです。

これもマディちゃんとのペアのコンテになってるんですけど、さすがにアリソンにしか目がいかねー!
最後のほうの床に倒れ込む前のピルエットのスピードとか何事。
もう客の歓声がジャマなんだけど私もうぉぉぉて言いたくなった。



シャンデリアって「等身大の大人の女」としてのリアリティを歌詞に落とし込むのが、女性ダンサーとしては一番入り込みやすい表現手段だと思うんですけど(グラミーのクリステン・ウィグがこの方向性でのアプローチでした)、今回はマディちゃんと振り付けがほぼ同じなので、アリソンは「無性」に徹しきりました。
あまりに動きが性別年齢不詳すぎて、最初男性ダンサーが踊ってるのかとおもたよ。やーアリソンすげー。

ちなみにアリソンもう覚えてないよーという方のためにアレックスと踊ったやつ貼っておきます。



そんなアリソンですが、なんと2013年にトウィッチと結婚してたんだそうな。

ま じ か !!

20150218.jpg

※マジだった。

どっちの遺伝子が濃かろうと子供の将来はダンサーしかないやろー。
遅くなりましたが結婚おめでとう!!

ていうかSYTYCDまた日本で放送してください…

近頃出し切った歌姫の皆さん

kage

2015/02/16 (Mon)

昨年、イル・ディーヴォの武道館ライブ目当てにWOWOW加入したんです。
3月11日の生放送で、当日慌てて契約しました。
レア・サロンガとか急に出てきて死ぬほど聴き応えありましたけど置いといて。

あれからずっとWOWOW加入し続けてたおかげで、今年はグラミーがっつり全部見れました~。
ビヨンセたんのプレシャス・ロード凄かったですね!
こんなん聴かされたら、いつぞやのリップシンク騒動とかもぶっ飛びますわ。

「父の痛みを、祖父母の痛みを、私が代わりに歌っているように思う」



大切な主よ 私の手を取り
私を導いて 立たせてください
私は疲れ果て 弱く すり切れています
嵐の中も 夜の中も
光に導いてください
私の手を取り 主よ 家へと導いてください


大トリのコモン&ジョン・レジェンドがさすがに霞んだ。
ビヨンセたん魂の一曲をありがとうございます!
あとアニー・レノックスにはいつもひれ伏す。そして泣く。条件反射に近い。
最初ホージアが歌ってますが、2:00あたりから巫女降臨。



個人的に一番楽しみにしてたのはやっぱシャンデリアです。
エレンに出演した時と同じく、Siaは終始後ろ向き。
ダンサーが舞台上で全てを表現する演出は一緒ですが、今回はマディちゃんと大人ダンサー(※クリステン・ウィグです)とのペア体制のコンテンポラリーになってました。



マディちゃん一人バージョンのほうが好みだけど、これもこれで良かったですね。
しかしマディちゃん12歳の表現する無垢なる狂気はいつ見ても凄すぎる。
シャンデリアの歌詞って私には真意が測れないというか、消化しきれない部分が多いんですけど、シーアの声に全てをコネクトさせる、このマディというダンサーの憑依能力がとにかくスゴイ。

オマケ。エレンに出たときのほう。



でもってグラミーちょっと前のスーパーボウルで国歌斉唱したイディナなんですけど。
歌い終えてガッツポーズ出ました。



アンセム歌い終えてガッツポーズですわ。やりきったな!!
なんすかね。あの…タッチダウン決めたクォーターバックみたいな心持ちだったんスかね?
超いい汗かいた感。

胸熱のファルセット美学

kage

2015/02/14 (Sat)

亀田音楽専門学校が大好きなんですよね。
シーズン2もとっくに終わっちゃいましたけど。

えー。下で書いてるように、シーズン14は今のところ「基本ダニエルくん推し」でいきたい所存ではありますが、歌声そのものが一番スバッときたというか、すんなり腑に落ちたのは、ダニエルと同じくサンフランシスコ予選に登場した彼です。



23歳レイヴォン(Rayvon Owen)

今シーズンの地方予選はどこもWGWG飽和状態で、JLoが「で、あなたは他の人と何が違うの?」とかわざわざ聞かなきゃならんほどの有様でしたが、珍しく「歌声だけをカバンに詰めて来ました」系で良かったです。
肩の力が抜けてるうえに緩急の付け方を心得てるんで、シンガーとしてステージがいっこ上だな、と思ったらコツコツEPをリリースしたりしてきたみたい。





魅惑のファルセットにきゅんとくるNE!癒し系だなあ。
こんなに優しい声で歌うコンテスタントはちょっと稀です。
優勝は無理だろうけど、現時点でとりあえずTOP5~8あたりまでは残ると予想してみますYO!
選曲はまればもっと残れるかも。



今年は若い子推しで

kage

2015/02/13 (Fri)

FOX日本放送も今週からハリウッド予選に突入です。
番組中最も過酷なこの「地獄のハリウッドラウンド」が一番好きだという人も多いんじゃなかろうかと。
私も 超 好 き です。毎年びっくりするようなドラマあるよね…。
今や年間300万ドル稼ぐというスコッティが、グループ審査の組み決めで盛大にハブられてたのも良い思い出です。
ハリウッド予選で「おまwwそれしか歌えねーじゃんwww」てスコッティをハブってた連中は今頃どうしておるのやら。
今年も我の強いひっかきまわし要員ザクザクおるかの。

でもって、シーズン14最初の記事でちょっと着目してみた「3番目の男」ことダニエルくんですが。
最後のサンフランシスコ予選でようやく登場と相成りました。



15歳になったばっかですと。そりゃわっかいわ。変声期終えたばっかすわ。
でもってその声がいいんだわ。不安定な心許なさにグッとくる。
年齢含め、色々とあまりに未知数すぎる素材だけど、今期はちょっと、この子の成長を追ってみたい所存です。
あと可愛いし。これ重要じゃね?気付いたんだけどさー。
可愛い男の子応援したことなんか、過去一度もなくね??
たまにはカワイイ子応援したってよくね???
だいたい太ったメガネとか頑固ジジイとか腹下しチキンとか雄姐さんとか応援してきたからうち…。
ていうか今期、男子も女子も普通にルックス良い子多いんですよね。
ビックリだよ!異例のシーズンかもしれん。
歌えるモッサリ枠代表のアダムの体型が浮いて見えるくらいだから。

とは申しましても。
ハリーが懸念するように、あんまりにも若すぎる候補者を、容赦なく視聴者投票のふるいにかけるような段階まで残すというのは過酷過ぎて、今後どんなルートやキャリアを辿って成長するにせよ、絶対にプラスに働かないだろうと私も思うんです。
若くして成功しすぎた筆頭ビーバーくんは、嫉妬をハリケーンの如く浴び続けて普通に壊れちまいましたし。
マイリーとかも反抗期長引いてるよね…。

でも「アメリカン・アイドル」という番組が今後も残っていくためには、ここらで本当に。

未知のポテンシャルを秘めた!
今まで番組が輩出したことがないタイプの!


新しいスターを発掘せにゃならんと思うわけなんです!よ!!
私はもう何年もずっと、AIを本当の意味で立て直すには、アメリカ中に望まれて見出された
「ケリー・クラークソンのような女の子」を、もう一度見つけるしかない
…と思ってたんですけど、やっぱ無理ですそれは。もう無理。

番組では過去数年間無双状態だったWGWGの限界もハッキリ見えました。
モンスター級の歌唱力をもつ正統派のキャンディスもダメだった。
WGWG時代を終わらせた生粋のロック野郎ケイレブもダメだった。

残された可能性は、ギター抱えた「女の子」orビーバーくん路線の「男の子」これしかないんじゃないかと。
特に 若い男性アイドル。 今はこれですよ。
1Dがどれだけ成功してるかって話を考えましょうや。

幸い今期はルックスの良い若い子が揃ってるんで、若い子推しでいくよ!!
というわけでこの最年少ダニエルくんを、優勝候補にしておきます。



AIの未来を変えて欲しいという期待込みで。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。