2015 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 06

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しいばかりじゃないけれど

kage

2015/05/30 (Sat)

日本放送も終わってしまいまし!た!!
大画面高画質大音量フィナーレ堪能しましたYO!

例年になくホント色々あったシーズンでしたけど、最後に紙吹雪が劇場を埋め尽くす勢いで舞い散る、あの夢みたいに華々しい光景を見届けるともう、胸がいっぱいになりますね。
「あー私アメリカン・アイドルほど好きなTV番組ないわー」って毎年思います。

リアリティショーとしてはThe Voiceのほうがずっと洗練されてて面白いし、サイモンが母国で続けてる各種番組みたく、日本をマーケットにできるようなタイプが発掘されることももうない。正直SYTYCDのほうを継続して日本放送したほうが…とか現実的には色々と思うところはありますけども。
私はやっぱり、この泥臭くて古めかしくて、少年ジャンプの昔ながらのスローガン「努力・友情・勝利」がほのかに垣間見えるAIという番組が好きなのでした。

FIFA Women's World Cup 2015 Anthem – Beautiful Life by Nick Fradiani


スポーツと優勝ソングのコラボは鉄板だね!

フィリップのHomeヒットした段階でそこ気付いて欲しかった…来年もアメリカで人気ある競技とのタイアップを、何でもいいから優勝者には約束して欲しいです。
ちなみにこの優勝ソング、ビルボードHot100ギリ93位に入りました。初動50,000。
キャンディスが初動48,000で94位登場だったんで、ほんのちょっと上回りましたね。
来年はファイナルシーズンなんで、誰が優勝してもどうにか100位以内には入るでしょう。
となるとケイレブが唯一「優勝ソングがHot100入りしなかった優勝者」になりそうですが。哀。
アイドルランドの現実は厳しいものです。いつのまにやら優勝者しか契約してもらえなくなったし。

ついで。過去13年分の優勝曲(coronation single)のビルボードHot100登場順位&初動記録Top10。

1 Clay Aiken “This is the Night”: 393,000 - Hot 100:1
2 Ruben Studdard “Flying Without Wings” : 286,000 - Hot 100: 2
3 Phillip Phillips“Home” : 278,000 - Hot 100:10
4 David Cook “Time of My Life”: 236,024 - Hot 100: 3
5 Kelly Clarkson “A Moment Like This” : 236,000 - Hot 100: 1
6 Taylor Hicks “Do I Make You Proud”: 228,418 - Hot 100: 1
7 Scotty McCreery “I Love You This Big”: 171,404 - Hot 100: 11
8 Carrie Underwood “Inside Your Heaven”: 170,528 - Hot 100: 1
9 Fantasia “I Believe”: 142,141 - Hot 100: 1
10 Kris Allen “No Boundaries”: 134,458 - Hot 100: 11


初登場1位を記録した優勝者はケリー、キャリー、ファンテイジア、テイラーの4人ですね。
記録保持者のクレイはシーズン2の準優勝者です。AIがホントに元気あった時代の話です。
シーズン1~5をリアルタイムで見たかった人生でした…。


今期は「順位はどうでも卒業後も応援し続けたい」とまで個人的に思い入れるほどのファイナリストがいなくて、(S12からずっとそうだけど)そういう意味ではAI見る真の醍醐味が薄くて寂しかったんですけど、「今期で打ち切りかもしれない」という覚悟があったんで、記事だけは結構マメに書きましたかね。
地方予選から記事を書き続けたのは今期が初めてです。
元々がいいかげんなことで一貫してるブログなもんで、雑感も毎週いいかげんで不案内極まりなく、ネタバレ目的で来られた方には、何の参考にもならず申し訳なかったと今となっては思いますが…。
でも、おかげで今年はかなり早い段階から「初めまして」の皆さんとも大勢話をする機会がもてて、面白いシーズンになりました。
それぞれのお気に入りが一人、また一人と脱落するごとに皆さんいなくなっちゃったんで、もうここを読んでもらう機会はないでしょうが、私はとても楽しかったです。ありがとうございました!
「ダニエルかわいー!」みたいなダニと同世代の女の子と触れ合えなかったのが残念ですけどね!!


来年は泣いても笑っても怒っても、本当に最後のシーズンになります。
AIは決して楽しいことばっかじゃないけど、光と闇と灰色の部分、全部込みでやっぱり楽しい。
最終シーズンも、私が生きていれば必ず見届けますので、よろしければまた来年お会いしましょう!


スポンサーサイト

Pitch Perfect来そうじゃよ

kage

2015/05/22 (Fri)

先週ついに無敵艦隊アベンジャーズを追い落として全米ボックスオフィス首位に立った「ピッチ・パーフェクト2」ですが、2012年に公開された第1作が、なんと日本で!!来週!!公開されるようです。
待った皆さん、待ちましたね!!
もちろんうちの地元にゃ来やしませんが、公開地域にお住まいの方は大画面で堪能されてください。



今公開中の2も、秋頃には続けて日本公開されるみたいなんで、来週公開の1がヒットしたら公開規模大きくなってこのへんにも来るかも。



レミゼとアナ雪の大ヒット以降、米産ミュージカル&音楽もの映画は、今の日本ではかなり「次のやつ」が待たれてる状況と思うんで、これ結構いいとこ来るんじゃないでしょうか。
アニーにその重責を無理に負わせようとしてハズした後だけに。



口コミじわじわで「2」公開時には日本にも固定ファンが付いてて、アカペラブーム来てハモネプ復活するくらいは来てもおかしくないと予想。

それよりエイジ・オブ・ウルトロンですけど、ロットマの「んーー…悪かないけど前作と比べると、な?」系評の多さ(74%できっちりFRESH認定ではあるけど、前作が92%の評価だったから…)が、そのまんま客足に反映されてる感じで、イマイチ成績伸び悩み気味ですな。
公開一ヶ月足らずで既に世界興収12億ドル突破してる怪物映画(現時点でもう世界歴代6位)に「伸び悩み気味」ってのも大概いかれた話ですけども。もっとアホのように来るかと思ってたんで。
アメリカでは前作よりちょい少ない成績に着地しそう。ダークナイトは超すかな?5億ドルちょい予想。
世界興収はまだ公開されてない国を残してるんで(日本とか日本とか日本とか)前作超えてくるかも。

しかしな!!

ここまで公開された全ての国と地域で、当然のごとく初登場1位しか記録してないアベンジャーズさん。
日本でだけ3位スタートとかなったら、まじRDJ生涯日本の地を踏むことなくなると思うんで、初登場1位は死守して欲しいです…。
もう「キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー」の撮影が始まってるんで、シビルウォー出演組の来日はもはや絶望的ですが。
(シビルウォー出演組:アイアンマン、キャプテンアメリカ、ブラックウィドウ、ホークアイ、ヴィジョン、スカーレットウィッチ、ローディetc)

日本公開時はアーロン・テイラー=ジョンソン君が来てくれると予想します。ゴジラ出たし。

20150522.jpg

映画愛を知る――――全日本人に告ぐ。

できれば公開週にアベンジャーズ見に行ってください!!!

決戦は7月4日!!!!
「なーんだ日本でも普通にアメコミ客入るじゃん!」てなったら今後も助かるよマーベル以外も。

でもこの日本版ポスター見る限りでも、今や日本もアイアンマン人気ぶっちぎりで素直に嬉しいです…。


あなたなしで生きてる私を

kage

2015/05/19 (Tue)

アメリカン・アイドルでWhat Hurts the Mostを歌ったのはS8のダニーとS14のニックだけです。
番組でのパフォーマンスに点数つけると、ダニーが60点弱、ニックが70点ちょいといった感じ。

それでもダニーがこれを歌った2009年時はすごく評価されまして、特にスタジオ版はファン以外からも「本家より良い!」って声が、当時いっぱい寄せられました。いやいやまじで。
Top11週のスタジオ版なのに85万回再生とかなってるんで、AIにおけるGokeyといえばこの曲をイメージする人が、やっぱ一番多いんだと思います。AI後にTV番組に出まくってた時期も、たいていどこでも歌わされてたし。

そうは言っても、6年も前のスタジオ版。
プロのミュージシャンとして格段に成長を遂げた現在のGokeyさんの歌を聴き慣れちまってるんで、正直今聴くと、素人のKARAOKEレベルの域を出ないんですが。

所謂「叩いてみた」ってやつですね。
このスタジオ版のドラムカヴァーをやってるファンのひとがおりまして。
これがとってもいい感じで、件のスタジオ版を、すごく新鮮な気持ちで聴くことができました。



うむ。28歳当時のダニーの歌も、荒削りですがいいですね!
Danny Gokeyがどういうコンテスタントだったかもう知らんor忘れてる人も多かろうと思うんで軽く補足しますが、地方予選1か月前に嫁さんを病気で亡くしたんだけど、彼女が大のAIファンだったことから出場を決めたという経歴を持つ、ミルウォーキーの教会の音楽教師です。

ラスカル・フラッツのこの曲はちょうど、ダニー本人のそういう特殊な境遇に重なる曲だったんですね。
本家のMVがこういう内容でしたので。



ちなみに今は超美人の嫁さんと再婚して、超可愛い子供たちにも恵まれて、幸せいっぱいのGokeyさんです。
亡き前妻のソフィアさんは、ダニーが立ち上げた慈善団体「Sophia's Heart Foundation」に名前と遺志が残されております。
ダニーは代表として現在も様々な活動を行ってますので、興味を持たれた方は公式サイトをのぞいてみてください。
http://www.sophiasheart.org/


禿げねば。

kage

2015/05/18 (Mon)

フィナーレ鑑賞会の時に「あとでマットのハゲ貼っとくから」って言ったのを急に思い出したんで貼っときます。
先月(2015年4月)どっかでやったらしき、シーズン8の男子組同窓会写真より。

20150518-2.jpg
20150518-1.jpg

ジュード・ロウ型ですね。ふと気付くと心許なくなっていく感じの。男前の証拠っす。
マッチ先輩は帽子かぶってることが多いんで、ここまで進行してたとは知らなんだ。
あとマイケルとメガネは20代の頃からオッサンだったんで別に変わんないですけど、可愛さと清潔感パピーちゃんの如しだったアレン先輩が、おっさん軍団と普通に馴染んでるのが軽くショックでござった。
あれから7年か…30歳なんてまだぜんぜん若いんですけど、年月は確実に経過してるんだなと思いました。

せっかくなんで先輩がたが、20代のホワイトチョコレートだった当時の初々しい動画でも貼っときます。
シーズン8のグループ審査より。
マット(Matt Giraud)23歳。クリス(Kris Allen)23歳。



ていうか改めて見るとマッチ先輩、23歳当時で既にきてますかね。
ついでにダニーとジャマールも貼っときます。



マットのこともう知らん&覚えてないって人のが多そうなんで、3年くらい前のやつを。
シーズン8で5位だった人です。
歌は特別に上手くはなかったですけど、素晴らしいピアノマンでありましたよ。
あのサイモンすら「素晴らしかった」と褒めたことあります。ジョージアといえばかつてこの人でした。



シーズン8は歌える人が普通に何人もいて、4位まで番組と契約してレコード出したんですよね。
ランバート先輩も輩出したし、番組自体はもう下り坂に入ってましたが、相当盛り上がったシーズンでした。

しかしダニーはハゲそうでハゲないな!もう35なんでツルッといっててもいい頃合なんですが。
盟友に先を越された感じでチョッピリ悔しいです。
ダニーが禿げるまでは生きねば思いました。

ハ ゲ 大 好 き !!


14代アメリカン・アイドル

kage

2015/05/18 (Mon)

もう先週のことになりますが、シーズン14が最終回を迎えました。
これが予想外に心温まるフィナーレだったもんで、未だに胸いっぱいっす。ずっとこの余韻に浸ってたい…。
居心地も後味も悪い展開が多すぎたシーズンですが、最後に全てが浄化された感じ。終わりよければですね。

今年も無事にリアルタイム鑑賞会開けましたよ!ご一緒してくださった皆さんアリガトウ!!
男尽のAIフィナーレ鑑賞会は、なにゆえか毎年ランバート先輩の話題で締めるのが恒例行事になってるんですけど。

今年はハゲの話で終わりました。

ちょっと何言ってるかわからんと思いますが、labu先輩が唐突に絶対神フェデラーのハゲ話をツルッと始めて「そういえばマットがダニー差し置いてハゲ出したよ」「いやアレン先輩も順調にきてるっすよ」「ダニーは勝手にハゲ散らかしとけばいいけど、アーチーのハゲは見たくないな」「みんなが順調にハゲるまで生きるだけさ」「それな」「ていうかな」

「ハゲてカッコイイ男が本物だよな。」

という結論に到達し、今年の男尽グランドフィナーレは円満に幕を閉じたのでした。真理だNE!




以下雑感と結果発表いかしていただきます。
大画面で日本放送の最終回見届けたら、もう一回感想書いて今期を締めたいと。

AI史上かつてない過酷なサバイバルと、アメリカの良心を疑いたくなる数々の迷走っぷりをくぐり抜け、見事完走を果たしたのは!!
序盤の灯火の如き存在感の薄さから、見事打ち上げ花火へと転じた、苦節30年のこの人でありました。

20150515.jpg

Congratulations Nick!!!

先ずは今年最後となるライアンの伝家の宝刀、タメ芸をご堪能ください。今年も神じゃった。



正直ニックの優勝を予想した人は、クラークがスコット先生と審査員に反抗して「これはアカンやろ…」な展開がくるまでは、殆どいなかったと思います。
Top4週まではクラーク普通にフロントランナーだったからね。

それでもネットのファンベースは、決勝の段階でもニックよりクラークが固かったんで、何だかんだクラーク勝つだろうと予想したんですけど、視聴者が選んだのはニックのほうでした。
票の動きと内訳は、ランバート先輩が勝てなかった時と似たようなパターン?
MJんとこの投票もクラーク優勝予想だったんですが。まあネット民は去年の予想もほぼ外してますけど。
長年のAIファンでも、投票結果はそうそう読めんものです。だからこそやっぱり面白いんですけどね!

201505162.jpg

あと、優勝したらスコット先生と一緒にアルバム作るわけですから、番組がクラーク勝たせまいとしたのはまあ当然です。
実力を発揮しても、ついに審査員に正当に評価すらしてもらえなくなった決勝は、ビジネスの側面が見えすぎてしんどかったですが、Top4週で買った不興は予想以上にでかかった。
クエンティンと同じく自業自得なのでやむなし。

ニックの勝利は、そういう諸々に助けられた結果ではあります。

でもね!!

今期のそういうのも全部込みで、ニックが 最後に「勝った」んですよ!!
投票結果は投票結果。これがアメリカン・アイドルです。

201505163.jpg
201505164.jpg

アダナやダニっ子たんみたいな十代のカワイイ子たちに、こんな表情でしがみつかれて羨ましいなおい!!
つーか上の写真は抱きつかれてんのクラークのほうだね。笑。どっちにしろ羨ましい。
あと優勝した後で知ったんですけど、ニックは去年のAmerica's Got Talentにも出てたんですね。



Beach Avenueてバンドで参加。こっちは早い段階で脱落してるんですが。
30代を目前に、立て続けにリアリティ番組に挑んだニックが、もう本当に必死だったってことが改めてわかったんで、最後のチャンスに勝つことができて、本当に良かったと思います。
ベッカムくん22歳には、ジーザスがおるから心配いらんやろと、常連の皆さんの冷静な分析。せやな。



さて今年のフィナーレは、かなり下位で落ちた面々にも見せ場を作ってくれて、そこが何より嬉しかったです。
確かにもう、目を疑うような超大物ゲストがサプライズ…みたいな展開はなくなりましたが(いや超大物いっぱい出てますよ出てます!)振り返り映像もなくあっさり落とされたメンツが、最後に罪滅ぼしの如く、きちんと花を持たせてもらっておりました。
まじ驚いたんですが、9位に終わったダニエルがこの破格の待遇 ですよ!!



カメラもNKOTBパイセンではなく、あくまでダニエルをメインに抜いてるから驚く。
これは「時期尚早だった15歳の君を、本選まで引っ張り出してゴメンな」って番組の罪滅ぼしと受け止めました。
良い思い出になったと思います。良かったねダニエル!!

20150517.jpg



みんな大好きカシムたんもwith Pitbull and Chris Brownという厚遇ぶり。イヤー!!



つーか私クリス・ブラウン超久々に見たんですが、あまりにオッサンになってておでれーたよ。別人?
Exclusive出た頃あたりは実は夢中で、With Youのダンスをコピーして踊ったり、いっぱいデッサンとかした。
良い思い出です。

あとマーティン先生を迎えてのグループナンバーも、どうしてもカシムに目がいっちゃうのずるくね??



tumblr_nobdrdHdl41r1p452o1_540.gif

20150518.jpg

眩しすぎんだろ!!!


あと今年はニコールが客席におりました。
グラミーやオスカーに夫婦で仲良く出席するのは恒例ですけど、AI見に来たのは始めてですね。
来年来るかな?と思ったんですが。今年も来たんで来年も来るでしょう。

tumblr_nobfcfxfgh1r1p452o1_540.gif



あと先日の国歌斉唱が話題を呼びすぎたジェイミー先生ですが、今回はモチロン素晴らしい仕事を見せてくれました。
ずっとレイヴォンを見て、一歩引いてくれてます。Beautiful!!



みんなウットリし過ぎて「は?ジェイミー先生に文句ある奴とかいんの?」状態になったよね。
ていうか涙目なったよね。良かったねレイヴォン!!

御大登場にはさすがに審査員も最初から総立ちノリノリでござった。
こんなに楽しそうにのびのび歌ってるクラークを番組中に見たのも初めてです。
本人もこのステージが一番の思い出になったそうな。良かったね!!



でもその後のアンディ・グラマーには誰も立たない格差社会。
あとタイラー様は全部持っていきなさりました。

本当にこじんまりとしてましたが、結果として例年より多くのファイナリストに光を当てる構成になったんで、すごく良い卒業式だったと思います。
ここ数年では一番感動した最終回でした。
いや、最後は毎年誰が勝ってもみんなでもらい泣きして「良かったな~!!」で浄化されて終わるんですけどね。
今年もニックが泣いた時点で、見ていた全員一気に涙腺が決壊して、最後はもう涙でかすんで画面がよく見えませんでした。
恒例行事ってやつだ!!



来年の最終回もこんな感じがいいなと思ったけど、ファイナルシーズンだからどんな締めになるのかわからん。
最後だから卒業生が大挙出演するかもしれないし、レジェンド級の大御所が大勢来てくれる可能性も。
でも最後の最後はやっぱり、ライアンを何かしら称える企画を設けて欲しいなと思ってます。

いろいろあったシーズンですが、最後はやっぱり「AI大好き!!」の一言で完結させてくれるこの番組が、私はやっぱり好きで好きでたまらないのでした。
毎年同じこと書いて終わるけどね。

最後の1年も、この番組に寄り添っていきたいと思います。
ファイナリスト全員の未来に幸多からんことを!

201505183.jpg

Thanks and good luck to all the S14 finalists!



決勝は突然に

kage

2015/05/14 (Thu)

来年の番組終了について現段階で思うことは別途記事にしましたんでスルーで。
あと10時間弱で、シーズン14も最終回を迎えます。
今年もフィナーレ鑑賞会やるよ!昨日の決勝もlabuさんmiyuさんとご一緒できて楽しかったですアリガトウ。

さて最終回といえば恒例、Top12再結集によるステージが待っております。

20150514.jpg
201505142.jpg

納得の行かない落ち方をした面々もいるでしょうが、ファイナリスト全員にとって、少なくとも今年のAI体験が「いろいろあったけど、楽しかったな!!」という良い記憶として残りますよーに!

※以下Final 2回(決勝)のネタバレ感想となります。







私は昨日の放送で「Top3回」をやって最後に脱落者を発表してFinal 2が決定、今日のフィナーレが「Final 2による決勝」を兼ねる構成になるとばかり思ってたんですが。
何と番組のオープニングでいきなり脱落者発表があり、勝ち抜けた2名でそのまま決勝戦に移行という超変速回になってました。
もう今年のAIは何が起きても驚かんとか書いた気がしますが、最後に超残酷物語が待ってたよ…。

というわけで。


Jax is eliminated.

綺麗におめかししてたのに、冒頭からいきなりの脱落宣告。
優勝曲として用意された「Force Field」どころか、1曲も歌わせてもらうことなく強制退場となりました。…もう酷いね…。
先週の露骨な持ち上げっぷりかーらーの。…この露骨な手の平返しっぷり。
確かにJaxの戴冠ソングのスタジオ版は、昨日の段階でぜんぜん売れてなかったんです。
売れないうえに視聴者投票でも落とされたとなったら、もう推す意味はないから、とっとと切るだけで。

Jaxもさすがにこれにはショックだったのか(あたりまえだ)、ライアンに促されて舞台からはける時も超ギクシャクしてて、ホント可哀想で見ておられませんでした。
あーーーーーなんで今期は毎週毎週、こんな後味も居心地も悪い展開があるのかね??
これじゃ番組終わって当然だよと思う。
SNS時代に即したThe Voiceみたいなクールな構成は、人情型の泥臭いAIには合わないんだよ…冷酷にしか見えないから辛い。

さあ、優勝させたかったJaxが投票で落とされちまった以上、番組はもうニックを推すしかないわけで。
この局面で自己ベストを更新してきたクラークに、審査員がギクシャクと塩対応という何とも不自然な決勝となりました。


今週の選曲&主観による採点(10点満点)

Reprise
・Clark Beckham: Ray Charles’ “Georgia on My Mind” — (8.5/10)
・Nick Fradiani: Matchbox 20’s “Bright Lights” — (6/10)


Simon Fuller’s Choice
・Clark Beckham: Bill Withers’ “Ain’t No Sunshine” — (7/10)
・Nick Fradiani: Jason Mraz’s “I Won’t Give Up” — (5/10)


Coronation Single
・Clark Beckham: “Champion” — (4/10)
・Nick Fradiani: “Beautiful Life” — (7.5/10)


クラークのジョージアは素晴らしかったです。
文句なく今週のベストだし、低空飛行のまま終わったシーズン14全体を見ても、屈指のパフォとなりました。
神レベルまではいかんけど、決勝の舞台でこの曲を選んで、自己ベストを更新してきたのも凄い。



…のに、予選で歌った時とはうって変わってキースですら塩。誰も立ちゃしねーし。

不 自 然 な ん だ よ … !


1、2ラウンドともクラークが完全復調。
ニックはいつもの安定感を武器に頑張って攻めてくれたんで、実力者2人による野郎決勝は本当に「最後に2人とも頑張ったな!」て感じの、良い戦いになったと思うんですよ。



ただ、番組サイドの「クラーク褒めんなよ。ニック勝たせろよ」って魂胆に、審査員サイドがミエミエの加担をしたせいで、せっかくの二人の熱戦が台無しに。こんな茶番視聴者は騙されないって。
少なくとも2ラウンドまではクラークの圧勝だって、誰が見てもわかるわそんなん。
新体制審査員3人組のチームワークは私は好きだっただけに、今期は心底ガッカリでしたなあ…。

でも最後の優勝曲対決は、自己ベストに近いステージで締めたニックの勝ちでした。



曲自体はクラークの方がよりダサ似合ってて良いと思うんですが、残念ながら音程が外れまくってな。



あとクラークのステージを見守るクエンティンは涙目なのに、カシムは口あけてよそ見ばっかしてんのわろた。
3曲を平均すると、ニックが60点、クラークが65点くらいになりますね。
優勝シングルはどっちもiTunesの上位にランクインしてきましたけど、今見た段階ではニックが27位、クラークが38位とそんなに差がないです。
ちなみに去年はジーナの方がずっと売れてましたが、実際に勝ったのはケイレブでした。

番組の贔屓と、MJんとこの投票データと、この優勝曲の売り上げを見ると、概ね「僅差でニック優勝」という予想結果になると思いますが、私は中盤の安定した実績と、今週のジョージアのインパクトでクラークが競り勝つと予想します。
MJんとこの投票データを昨シーズンの投票結果とあわせて紹介しときますね。

シーズン13
20150514s13.jpg
シーズン14
20150514s14.jpg

MLB_3366_hires2-e1431488973978.jpg

AIの優勝はもう将来の輝かしいキャリアを約束するようなものでもなんでもなく、クラークが優勝したところで、今ですらスコットと番組にあんだけ嫌われてるわけだから、ケイレブ以上に冷遇されるか、頑固さゆえの方向性の相違からフィリップみたいなことになるのは目に見えてますが、それでもクラークが勝つと予想。

どっちが勝っても、今年のタイトルは足枷にしかならないだろうけどね!!



我々の親しい友人、ライアン・シークレストに寄せて

kage

2015/05/13 (Wed)

信じられないだろ…明日の今頃はもう…シーズン14、終わってるんだぜ…?
それより来年の今頃はもう…「アメリカン・アイドル」って番組自体が終わってるんだぜ…?


20150513.jpg


201505133.jpg


放送中でもないのに突然 American Idol がトレンド入りしてたんで、ああついに来たかと思いましたが、ついにこの時が来てしまいました。

2年くらい前から覚悟はできてた筈なのに、いざ「終わります」と現実を突きつけられると、ショックすぎて寝込んだよね…。
正直、クエンティンとハリーが揉めた時に今期での打ち切りを本気で覚悟したんで、もう1年与えられたことは朗報なんですが、gleeも終わったし、FOXのひとつの時代の終焉て感じです。
少なくとも、私が音楽とともに慣れ親しんだFOXの一時代は、来年で完全に幕を閉じるんだなと思うと寂しくて胸潰れますわ…。


201505132.jpg


27歳のハナタレ小僧だったライアンが、今や誰よりも頼もしいAIの顔になりました。
「アメリカン・アイドル」という15年もの歴史ある番組が、サイモンが去りナイジェルが去りランディが去り、対抗番組として始まったThe Voiceにすっかりお株と視聴者を奪われ、もはや権威も視聴率も失墜し沈没船に成り果てても、それでもまだAIとして成り立っているのは、ライアンが「今までと変わらず」続けていてくれるおかげだと、今期改めて思いました。

Qとハリーが揉めた時も、「ドキドキしたよ!」と後々ツイートしつつも、番組では鉄壁の進行を崩さなかったライアン。
神パフォの直後でも、絶対に感傷的にならずに「感動したよ」と告げるだけで、進行を妨げることはしないライアン。
時にはサイモンの辛口評からファイナリストを庇い、ハリーの意味不明評をときほぐそうとつとめたライアン。
プロフェッショナルに徹しながらも、同時に全てのファイナリストに平等に親和の情を示すライアン。

誰よりも色々な側面を見てきて、内情も知っているだろうに、ライアンはコンテスタンツの音楽性はもとより、個々の思想や信念や信教やセクシャリティなどで、ファイナリスト個人に対する好悪の情を分けることは、絶対にしませんでした。

思えばライアンのスタンス、全コンテスタンツに対するあり方こそ、AIファンの鏡ともいうべき姿だったのではなかろうか。
そしてあなたの、神の域のタメ芸の数々、タイトルコールに何十回痺れたことか。
いつでもブレない笑顔に、何度助けられただろう。
ありがとう~アリガトウ~♪


201505134.jpg

シーズン終了を告げられても、ファイナルシーズンに希望を込めるRyan Seacrestこそ、アメリカン・アイドルという番組の象徴だったのだと、今となっては私は思います。
激動の15年という年月を経ても、あなただけは毎年変わらず、いつも同じ場所にいてくれました。

ありがとうライアン。

我々はあなたがいる限り、AIの最後の1年を、いつものように楽しく見届けられると思います。
そんでもって、素晴らしい一時代の記憶として、この番組と歩んだ歴史を宝物にできたらええな!!

473102894.jpg


命があるだろ

kage

2015/05/13 (Wed)

キャスティングで揉めた記事を読んだ記憶しかないニーナ・シモンのドキュメンタリー映画はその後どうなったかいな?
…なんてふと思い出すこともなく日常を過ごしてましたが、いつの間にか公開されてたんですね。



日本公開は未定だそうですが、先週のたまむすびで町山さんが取り上げてくれてたんで、気になってた方はどうぞ。
たまむすの町山さん解説はネタバレなしなんで、ウッカリ聞いても大丈夫です。

『What Happened, Miss Simone?』(2015年)について



最後にマッチさんが超熱く語ってるAin't Got No I Got Lifeの動画も貼っておきます。
歌詞もあわせて載せようと思ったら、日本語歌詞付きバージョンの動画があったんでそちらを。



そう、なにも無くたって、命があるのさ。
心を失う時は正直あるけど、それでも命だけはこうして残ってる。

生きている。

因果ではなく、希望でもなく、それはただの事実だ。

だから命があるうちにこの映画見たいんスけど…!!
DVDスルーでいいんでお願いします…まじで…。

イディナ・メンゼル「すこしもさむくないわ!!」

kage

2015/05/12 (Tue)

先日のエレンにイディナが出てたんですが、日本語バージョンのレリゴーをちょっとだけ歌ってました。
照れまくってますが、「少しも寒ない」のとこはガチで発音も完璧です。4:00あたりから。



あと国歌斉唱で会心のガッツポーズを決めた例のスーパーボウルの話とかしてます。

Stay With Me選手権

kage

2015/05/11 (Mon)

このブログを覗きに来ているタイプの方々はもう、Stay With Meのカヴァーには食傷気味と思われますが。
世界的に評価が高いのは、シーランさん、ジェシーJ、サム・ツイ版あたりですかね。

今年のAIでも地方予選でシメオンくんとか歌ってました。
卒業生だとレイヴォン、マラヤ、ケリー、アレン先輩バージョンあたりは聴きましたが。
なんか偶然、えらいものを見つけちまったんで、記念に貼っときます。



なぜ日本語にしたし。

「オーずっとステイ・ウィズ・ミー」て。
「君をオール・アイ・ニード」て。


超腹筋鍛えられました。いや、総合的に これはありですよね???
99%の確率で、サムスミの歌いだしの声の説得力に先ず勝てんから、Guess it's true I'm not good at a one night stand~の段階でだいたいもう聴くのやめるんですけど、これはアリだと思います。

だって最後まで聴いちまったもん!!

歌詞もですが、チャゲさんの顔とか小ワザとか入り込みの方向性とかもう色々相まってずるいよ…。
ちなみに私のお気に入りは、去年のThe Voiceの優勝者ジョシュ(Josh Kaufman)版です。



件の歌い出しで「これは最後まで聴かないと」と思わせるだけの、生まれついての「声」を持っているかどうかが、この曲のカヴァーの成否をわけると思います。
本家の声はメアリーJですら「この世界観には邪魔」だと思わせるから凄い。



今年のグラミーの時もメアリーJジャマだと思いましたごめんなさい…。
あとスミスさん、ブライアン・オーサーさんに似てね?羽生くんのコーチの。



原点回帰

kage

2015/05/11 (Mon)

【悲報】連休も終わりましたがアメリカン・アイドルも今週で終わります。


今年もTop3回と決勝はリアルタイム鑑賞会やりたいと思いますので、ぼんやり参加される方は当日→の鑑賞チャットのほうへいらしてください。
ていうか何時からだ。9時?木曜9時かな。
毎年のことですが、寝過ごしたり体調不良だったりしたら私は不在ですごめんなさい。
最終回はTop12が再結集しますぜ!まじ良かったです。今年はこれないのかとすら一時危ぶみました…。

20150511.jpg

最終回のゲストですが、いち早く発表のあったタイラー様の他は、Chris Brown, Echosmith, Fall Out Boy, Jamie Foxx, The Jacksons, Vance Joy, Ricky Martin, Michael McDonald, Janelle Monáe, New Kids On The Block, Pitbull, Nile Rodgers, Prince Royceの名前が挙がってます。
これに審査員3人のステージ+決勝1時間を足して2時間で収まるのかなー。
ていうか先週の今週でジェイミー・フォックス来ちゃったよね…。
百戦錬磨のジェイミーさんなので、ここで汚名返上しなさるとは思いますけど。

2015051102.jpg

さて、今年は全員が里帰り特典を与えられたTop4の面々ですが、こういうイレギュラーな展開なら大歓迎です。
里帰りは一生忘れられない思い出になるし、これを見届けると毎年
「あーーーもう誰が優勝でもいいじゃんね!!ハートフル!!!」てなりますね。

今年は4人もの里帰りを見られましたが、それぞれに感慨深い帰郷で、胸がいっぱいになりました。
遅くなりましたがTop4週の雑感いかせていただきます。

※以下Top4⇒Top3週のネタバレ感想につきご注意ください。








まあ里帰りを終えると、番組の推し変とかも露骨になるものですが。
番組は完全に、Jaxしか勝たせたくない 様相を呈してきました。
いくらなんでもJax優遇しすぎわろた。中盤のクラーク推しとか、なかったことにしたいようです。
決勝は何が何でもニックVSジャックスにしたいみたいだよ!スコットの意向もそうだしね!!
第3ラウンドとか、声援も一番でかくてパフォも普通に一番良かったクラークよりニックのほう評価とか。

あ か ら さ ま す ぎ ら あ!!

こうなると逆にクラークには踏ん張って欲しくなったけど、あー伝統の3位ポジションの人だったかという気もしてきた。

今週はリアルタイム再投票だの、番組の途中で脱落宣告だのはなく、全員に3曲歌わせたうえで「最後に先週の視聴者投票結果による脱落者を発表する」という、従来のパターンに戻ってました。
だもんでみんな今週はケツに火がついた感がなく、パフォーマンスに集中できてた印象。
今更遅いけど、この局面まできての原点回帰は評価したいです。

今週の選曲&主観による採点(10点満点)

Scott Borchetta Round
・Rayvon Owen – Jason Derulo’s “Want to Want Me” — (4/10)
・Clark Beckham – U2’s “Beautiful Day” — (3/10)
・Nick Fradiani – Patti Smith’s “Because the Night” — (5.5/10)
・Jax – The Who’s “My Generation” — (6/10)


Hometown Picks
・Nick Fradiani – Andy Grammer’s “Back Home” — (7/10)
・Clark Beckham – Otis Redding’s “(Sittin’ on) The Dock of the Bay” — (6.5/10)
・Rayvon Owen – Stevie Wonder’s “As” — (6/10)
・Jax – Evanescence’s “My Immortal” — (7.5/10)


Judges Pick
・Clark Beckham – The Weeknd’s “Earned It” — (8/10)
・Rayvon Owen – Joe Cocker’s “You Are So Beautiful” — (5/10)
・Jax – Paramore’s “Misery Business” — (3/10)
・Nick Fradiani – Edwin McCain’s “I’ll Be” — (6.5/10)


番組では最後の発表になりましたけど、先に脱落動画の方を貼っときます。

Dim the lights, here we go....!!


ライアンのこの台詞とタメ芸ホント痺れるわー。
安い画面分割の演出もなく、従来通りの発表形式に。
やっぱAIの脱落演出はいつものままがいいね。偉大なるマンネリズムだいじ。
というわけで。

Eliminated: Rayvon Owen


201505113.jpg

聴衆と画面に向かって、日本人の如き深いお辞儀をしたのち、合掌で感謝の意を表しました。
やっとこ登場の恒例見送り演出「これまでの歩みの振り返り映像」を、晴れやかな笑顔で見守りつつの、なんと爽やかな脱落でありましたことか。
綱渡り状態でここまで戦い抜いたレイヴォンの曇りない笑顔に、正直オラ涙が止まりません。
JLo先生タスケテーー!!

遡ると2月14日の段階では「TOP5~8あたりまでは残ると予想してみますYO!選曲はまればもっと残れるかも。」とか呑気に書いてましたが、よもやこんな過酷なサバイバルをくぐり抜けた末の4位とは予想だにしませなんだ。

私の中で、シーズン14のMVPはやっぱりレイヴォンしかいないです。
本当にお疲れさまでした!!

2015051104.jpg



さてTop3にコマを進めた面々の今週のステージは、それぞれ長短がありまして。

Jaxはエヴァネッセンスでは自己ベストに迫る会心のパフォを見せたものの、第3ラウンドのパラモアではワースト記録を更新するという両極なステージに。



クラークは第3ラウンドで約一ヶ月ぶりに「きたわー」なクラーク節を復活させましたが、最初のU2でやっぱりワースト記録を更新。ていうかスコットの選曲完全にいじめだよな。



ニックは唯一3曲とも及第点で揃えたけど、平均すると60点どまりになるんで、決定打になるような神パフォは今回も見られず。



ていうかスコットの選曲、クラークへのいじめ以外も全部ダメじゃんね…。
そして審査員総出で「さすがスコット先生の選曲っすわぁ!ハズレなしっすわぁ!」と褒め称える安定の不自然演出。
番組側身びいきのこの手の演出はもう、日本の視聴者も鼻クソほじって聞いてますけどね。

歌唱力:クラーク>ニック>JAX
安定感:ニック>クラーク>JAX
贔屓度:JAX>ニック>クラーク

これに里帰り映像の感動度や熱狂度などのTV演出を加えると、現段階では総合的に。

ニック>JAX>クラーク

という印象なんですけど、正直誰が優勝しても、誰が次に落ちてもおかしくないです。
誰が優勝しても誰が落ちてももう何でもいいですしね。里帰りまでできれば十分さ。
それより里帰りの時の親御さんたちがそれぞれ非常に良いお顔をなさっていたので貼っときます。

クラークの父ちゃん
201505116.jpg

ニックの父ちゃん
201505117.jpg

JAXの父ちゃん
201505118.jpg

レイヴォンの母ちゃん
201505119.jpg

特にニック親子泣けましたな。今週一番美しかった1コマのひとつ。
2015051110.jpg

あと気が付いたらWGWG見事に復権してた…!
でもニックVSクラーク決勝じゃ盛り上がらんから、やっぱりニックVSジャックス決勝ですかね。
と言いつつ、あえてのJAX脱落予想でいってみます。

201505115.jpg



こんなに上手くなりましたよと

kage

2015/05/06 (Wed)

ニックがWHTMを歌ったのを聴いて懐かしくなって、AI出演当時の20代のダニーのWHTMのスタジオ版とかTV出演時のライブ映像とかを見てたんですけど。
「ミルウォーキーのシロウト歌うま音楽教師」が、この6年でいかに「プロのミュージシャン」として成長を遂げたかがよーーーくわかりました。

これは去年の7月の映像ですけど、ピッチの安定感からもうカントリー時代とは段違いです。うま!!



WHTMのスタジオ版は当時「ラスカル・フラッツより良い!」って声もいっぱいありましたけども。
どこで何を生歌っても安定して70点以上出せるようになった今のGokeyレベルに慣れちまったんで、今聴きなおすと素人のカラオケの域を出ません。
ほんと、単純に歌が上手くなったんだね…感慨深いです。
元々のポテンシャルに6年かけてテクニックが追いついた感じ?

新曲となるMore Than You Think I Amのほうも、ビルボードのクリスチャンチャート14位まで上がってきました。
CCM畑にいる限り、チャート常連でいられるかもしれん。本人ももう、畑出る気ないだろうし。



クリスチャンのアーティストにとっての「神」の存在ってどんだけデカイのかと正直慄きます。
音楽と等価くらい?いや唯一神こそ絶対のものなんではあろうけど。

初代持ち出すのは反則だろと思うんですけど

kage

2015/05/06 (Wed)

今年のThe VoiceとAIで聴いたあれやこれやの、初代版を聴いたら色々と桁が違い過ぎたんで貼っときます。
余計なことはなにも申しますまい。

Girl Crush


You And I


Wide Awake


Creep



白くて太くてムッチムチ

kage

2015/05/05 (Tue)

好みの女性のタイプは「色白モチ肌で腕が野太くて腹が出っ張ってて尻がデカい子」ですこんばんは!
見るからに安産型な。産めよ増やせよ的な。
実りと豊穣を感じさせてくれる体型の女性がいいですね。
特に「真っ白な太い腕」にはたいそうグッときます。見ているだけでウットリきます。
筋肉質な太い腕じゃなくて、脂肪過多でムチムチふっくらした、柔らかそうな腕が好みです。

何の話かというとThe Voiceなんですけど…。

優勝候補筆頭ソーヤーは、スタジオ版がiTunesで既に1桁台でランクインする人気ぶりなんで置いといて。
TOP6まで残ったインディア以外の女性陣を紹介したいと思います。

メーガン(Meghan Linsey)




ぶっといね!!

こういうタイプがAIに不在で非常に寂しい年でした。
音程に難有りですけど、体型含めパワー型で良いんじゃないかと思います。


キンバリー(Kimberly Nichole)




このアレンジはどうかと思いますけど、歌は素晴らしいですな。
これくらいのステージがAIでも見たいんですけど、来週最終回なんで今年はもう無理ですかね…。


国歌斉唱の黒歴史にまた1ページ

kage

2015/05/04 (Mon)

GWいかがお過ごしでしょうか。

こっちはせっかくの地元の祭りが、暴風と豪雨で色々中止・縮小を余儀なくされ台無しに。泣。
例年通りなら約40万人の集客が見込まれるんですけど、今年は5万人程度の人出にとどまったそうな。泣。
観光客が財布の紐ゆるゆる状態で金落としてくれんことには立ち行かん街なんで大打撃っすわぁ…。
こんな惨状を見たのは、こっちに引っ越して初めてです。
年に一度の祭りの時期だけは晴れて欲しいですねぇぇぇええ!!!本当に悲しい連休です。

あと来週で今年のアメリカン・アイドルもようやく…いやついに最終回を迎えます。
もはや誰が勝とうが負けようが心底どうでもよくなってますけど、番組が終わるのは寂しいですね。
決勝はやっぱりTop2決戦になるようで、これについてはまあ胸をなでおろしました。
でも最終回と決勝回を兼ねた構成になるようです。やっぱ今年のAIどうかしてるね!!
AIについては今後はもう、何が起こっても驚かん自信あります。



さて。昨日はパッキャオVSメイウェザー戦で世界中が大盛り上がりだったわけなんですが。
我が家の構成員は、WOWOW加入してるのに誰も中継見やしませんでした。雨も酷いし寝てたよ。
それよりTL見たらジェイミー・フォックスがこのスペシャルマッチの真の敗者…いや。
「ジェイミーの国歌斉唱にふいた奴が負け」 状態になっててびっくりしましたよ。

こっちは今期のAIでどんだけ酷いパフォに腹筋と耳鍛えられてると思ってんだ舐めんな!!
やってやらあと思って、この歴史的マッチに挑むべく、猛烈にハナクソほじりながら動画見たけど。

20150503.jpg

こ れ は 酷 い。

客席にいるジェイク・ジレンホールが堪えもせず延々笑ってんのも容赦ねえなと思ったけど。
まあ無理もござらんな。ごめん笑った。負けたよ…。

でもジェイミーはRDJとスッゲー仲良し(※超重要)だし、AIでも過去メンターとして良い仕事をしてくれた大恩があるし、あらゆる芸術的センスがズバ抜けてることは疑いない人なんで、このブログには不名誉な動画は貼りません。
既に「歴史に残る酷い国歌斉唱」の仲間入りを果たしましたんで、聴きたい人は「Jamie Foxx national anthem」で楽々動画検索してください。
この話題でエンタメ界はもちきりだもんでニュースも山のようですが、適当にリンクも貼っときます→

でもってTLに流れてきたGokeyさんのこれ。

201504032.jpg

お ま え が 言 う な。

ジェイミーにはメンターとして超世話になったくせにNA!!
でもここは日本で唯一Gokeyさんを全面応援してるブログなんでまあ、彼の伝説のScream On動画も貼らんことにしておきます。BUSHIのNASAKEってやつだぜ。

かわりにヘイリー(Haley Reinhart)の素晴らしい国歌斉唱を貼っときますね!!
5月3日 2015 NBA Playoffs ロサンゼルス・クリッパーズVSサンアントニオ・スパーズにて。



ヘイリー節久々に聴いたな!
ヘイリー誰?って人のために補足しておきますが、スコッティが優勝したシーズン10で3位だった人です。
男尽掲示板では超人気薄かったんですけど、なんやかや実力者ポジ3位におさまって、AI卒業後も即インタースコープ・レコードと契約するなど、手堅いキャリアを築いている卒業生の一人となっております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。