2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャップとスキと人間味

kage

2008/11/09 (Sun)

特にそんなつもりもなく始まった六聖まつりのトリは勿論この人です

トリの水鳥さん

北斗を代表するイケメン格でありながら、男女を問わず健康的に安定した人気を保つ南斗の人。イケメンの大概は「貴様、むやみに女子にモテおって!!」みたいな男のやっかみを買いがちですが、レイが例外的に、ものすごーフツーに男に支持され続けているのは何故なのでしょうか。

○イケメンなのに女に全然もてない=親近感
○イケメンなのにだいぶウカツ(たまにバカっぽい)=和む
○イケメンなのにそんなかっこよくない=悪いけど笑える
○イケメンなのに熱くて義理がたい=いいやつなんだよな

華麗なイケメンと、あんまイケてない言動のギャップの親しみやすさが決め手かしら…
人間、欠点が目立つくらいのほうが、端から見ると魅力的で愛すべきもんですよね。正直、ちょっと足らんのでは…と思うことがありますが、そんなの愛嬌さ!!

あとは、好きな女が他の男に夢中になっても妬まない、引き立て役に駆り出されても腐らない、みたいな性根でしょうか。それもあの容姿があってナンボでしょうけど。もうひとつ重要なポイントは、原先生の絵の清さかな…イケメンなのに、描き手の”イケメンを描かんとする作家の色気”みたいなものを絵のうえから全く感じません。他意が無いのか、他意がズレているのか、どっちにせよ原先生にしか描けない、稀有なイケメンだと思います。

拍手とコメントありがとうございました!

>リンやユリアはこうやって原作者以外の方が描かれた方が断然好みのキャラクターに見えます^^;;

ゆりあんにコメントありがとうございました~!それ、私もそうなんです…。原作のユリアは下記のような理由からも苦手なんですが、原先生以外の方が描かれると「あれっ??」と思うくらい素敵に感じることがあります。何ででしょうね??原先生自身が、描いててあまり気持ちがのらないキャラだったのかなあ、とか考えたりします。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。