2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰に気合を

kage

2010/05/12 (Wed)

先日に引き続き、イレーネ・ワッツというオールドローズをお持ち帰り。
なんかバラきてます。急激に。なんでやろ。

イレーネ・ワッツ

※以下「アメリカン・アイドル」シーズン9の
Top 4(Songs From the Movies)のネタバレ感想となります※


Top4テーマ:映画
今週の釘付け:クリスタルの胸の谷間


今週の選曲&主観による採点(10点満点)

* Lee DeWyze – “Kiss From A Rose” (4/10)
* Michael Lynche – “Will You Be There” (3/10)
* Crystal Bowersox & Lee DeWyze – “Falling Slowly” (8/10)
* Casey James – “Mrs. Robinson” (5/10)
* Crystal Bowersox – “I’m Alright” (6/10)
* Michael Lynche & Casey James - “Have You Ever Really Loved A Woman” (7/10)


名コーチを引っ張り出しました

恒例の映画テーマ週です。
昨年のジャズ週で名コーチぶりを披露したジェイミー・フォックスが再びメンターとして登板でしたが、残念ながら今週もヒジョーに盛り上がりに欠ける回でした。
気合はいらんのう…。
でも、この盛り上がらなさにもそろそろ慣れが。
そういうシーズンもあってよくね?

今週でついにTop3が出揃うYO!…ってハラハラするような内容じゃなかったけど、目玉のデュエット課題は2曲ともまあまあでした。
クリスタルの胸の谷間にばかり目がいってしまうのはしょうがありません。

お肌まっしろクリスタル。
博多人形のよう。はー!

リーのKiss From A Roseは聴きドコロなし。
この曲はコーラスの「ベイベー!」のとこで「オゥウー!」と思わせる声を持っているかどうかが生死の分かれ目になりますが、リーは「オゥウー!」させるに十分な声は持っているのに、無駄に腰が引け気味というかパンツずり落ち気味というか、今日も腰まわりの気合不足で全てを掴み損ねた印象…。

ビッグマイクのあまりに低い採点はごめんなさい。
めちゃくちゃ思い入れのある曲なんで、ぶった切られ加減が赦せませんでした…。ノーコメントで。
クリスタルは今週も特にぬかりありません。
リーとのデュエットも良かったです。
繰り返すようですが、寄せてあげた胸の谷間もたいへんふくよかで良かったです。



ケイシーはサッパリ印象に残らん。
先週のアレで生き残るならTOP3入りは間違いなしと思いましたが、パッとしなさではビッグマイクとどっこいな感じ。
でもデュエットはまあまあかな。

投票よろしくね!※日本からの投票は受け付けておりませんBy FOXジャパン

脱落はケイシーかビッグマイクのどっちかで間違いないと思いますが、うーん。どっちが残るかなあ…
DialIdolはケイシー脱落予想ですが、私はビッグマイク脱落ってことにしておきます。

ギターはうまいんですよねケイシー

Top3入りで故郷に錦を飾る面々は、リー、クリスタル、ケイシー予想で!



関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。