2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無事帰宅しました

kage

2013/06/28 (Fri)

暦の上ではディセンバー♪
って「あまちゃん」の挿入歌が頭から離れんのですが、アレはフランス国歌のパクリなんですね。納得。

4日間の検査入院から無事帰還しました~!
昨日の昼過ぎには自宅に戻ってたんですが、緊張が解けたせいか夜まで自室で爆睡こきましてん。
そんで日付が変わる前に、またさっさと寝ちまいましてん。
次に目が覚めたのは翌昼11時近かったという。半日寝てたよ!よっぽど疲れてたんですね。

ともあれ今回の入院の最大の難関だった「脳カテーテル検査」を無事に終えることができて、とにかくホッとしました。
アレルギーも出なかったし、心配していた脳梗塞にもならなかったです。
看護師さんには「大山さんの若さで脳梗塞になった人とか見たことないよ!」って笑われましたけどな!
怖かったんだい。記憶障害なんかも起こらなかったです。良かったヨカッタ。

ただし3日目のMRI検査で、前回受けた首の手術あとに「ただの炎症かもしれないけど再発の疑いもある箇所が見つかった」とのことで…また来週PET検査に回されることになりました。がっくり。
ただの炎症だといいんですが、7月2日にまたPET行ってきます。もうやだ。

あ、「闘病生活」カテゴリ記事はいつも写真がなくて地味なので、今回から自宅のベランダから撮った海の写真を載せることにしました。これはレジェンド・オブ・ザ・シーズというクルーズ客船です。
海峡前のマンションなので、とにかくひっきりなしに、いろんな船が行ったり来たりして面白いのです。

レジェンド・オブ・ザ・シーズ

えーと、もしかしたら「脳カテーテル検査」で検索かけてたどり着いた方の参考になるかもしれないので、この検査についてのおおまかな顛末を以下に記しておきますね。

私はCTの造影剤にアレルギーが出るので、検査当日は早朝6時からアレルギーを抑えるための点滴を開始。
なので検査前日の就寝前には点滴の針が入ってました。
あと紐パンを履くことになるからと、若干剃毛されました。

朝10:30の検査開始にあわせて、10:20分に点滴を外してストレッチャーに移動。
しかし意識がある状態でストレッチャーに寝せられてぐるぐる方向転換するのは正直…酔う。
ので途中から上体起こさせてもらってエレベーターに乗って、座った姿勢で検査室まで移動しました。

1階の検査室には先生と看護師さんがズラリ待機。
真っ平らな銀色の検査台が手術台みたいで、めちゃくちゃ緊張が高まります。

検査台に横になると、右の鼠径部から局部麻酔を注射。痛いのはまあ当然。
それから動脈に管を通していくらしいのですが、自分では感覚がわからず。
造影剤が入るのがとにかく怖かったんで、先生に「何でもいいので気が紛れるようによもやま話をお願いします!」と無茶ぶり。
これに対して先生が「実は4日前に娘が生まれて」というおめでたい話を始めたので「おめでとうございます!!こんなことしてる場合じゃないじゃないスか先生!」と真剣にリアクションしたら、何故か検査室が笑いに包まれました。なんでやの。

その後造影剤が入ったようで、撮影のたびに腕が熱くなったり顔が熱くなったり。
脳の撮影の時には、赤い神経パルスみたいなのがズバッと目の前に走りました。
頭が熱くなったり冷たくなったりで終始怖かったけど、まあ痛くはなかったです。

先生があまりに多忙で家になかなか帰れないため「僕なんか息子に猫と思われてますよハハハ」「ますますこんなことしてる場合じゃないスよ先生!」みたいな雑談を続けてたら、約1時間の検査終了。
あとから「いや~あんな楽しい検査初めてでした」と言われました。そんなこと言われても。

撮影が終わると、カテーテルを抜いた鼠径部を止血のために10分くらい押さえた後、ストレッチャーで9階の病室まで移動。
完全に止血するため、6時間は右脚を一切動かしてはいけないと言い含められます。
頭を起こすのもダメ。ということで6時間寝たきりで安静に。
右ふくらはぎにはマッサージポンプを付けられました。
何時間も同じ姿勢でいるので、エコノミークラス症候群になるのを防ぐためだそうです。

造影剤を流すためにまた点滴をじゃぶじゃぶ入れられるため、途中で必ずトイレに行きたくなるのですが、私は尿道に管を入れるのを拒否したので(だって入れるのも抜くのも痛いから)おむつをあてがうことに。
午後3:30頃に我慢できなくなって、おむつにおしっこしました。ヒョエー!介護生活ってこんなんかの。

検査終了から6時間過ぎた5:30になっても先生現れず。
会議に入っちゃって抜けられないとのこと。
その後結局8時間近く放置されて、ようやく別の先生が固定テープを外しに来てくれたのが夜7時近く。
最後の一時間がしんどかったですね。トイレ行きたくて膀胱もぱんぱんだったし。

「もう動いていいですよ」と言われたんで真っ先にトイレへゴー。
夕飯も運ばれて来てたんですが、食欲がなくて全く食べられませんでした。昼も寝たきりだったんで抜き。

担当医の先生が様子を見に来てくれたのは、結局夜9時近かったですね。脳外科医超忙しい。
そんな感じで参考になりましたでしょうか?

長くなったんでまた写真貼っときます。上の客船を夜に撮影したものです。
宝石かシャンデリアが移動してるみたいで、夜間に観る豪華客船は夢のようにきれいなんですけど、写真だと伝わらないですね。腕が悪いせいもありますが。

レジェンド・オブ・ザ・シーズ

はい。そんなわけで次回は7月2日のPET検査です。
脳の手術は結局延びて8月になるらしいんで、まだちょっと先ですね。
PETの結果がクロだったらどっちの手術を優先させるんだろうかとかもう考えないで、とにかく7月はできるだけゆっくり過ごしたいです。

お見舞いコメントやメッセージをお寄せくださった皆さん、本当にありがとうございました!!
弱気にとりつかれた時、いつも本当に励まされています。
皆さんは健康に日々を過ごされておりますように。




関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

kage

お帰りなさい!

それにしても。自分が大変な時に、そんな面白過ぎな無茶ぶり(笑)でもそのおかげで、検査室(手術室?)はきっと和やかになって嫌な緊張感は取れたのではないでしょうか。

タフな検査の後に長い記事アップなんて、心配です。おまけに「脳カテーテル」検索で辿り着くかもしれない人のために詳しく書いたりして。お願いだから休んで~ ずっと寝ててもいいからどうか休んでくださいませ。

7月2日のPET検査や8月の手術のことは、とりあえずこの週末は考えずにひたすら心身を休めてください。

Posted at 23:01:07 2013/06/28 by miyu

この記事へのコメント

kage

あ。忘れてた

大山さんのおうち、素敵なロケーションですね。なんか癒されます。

Posted at 23:02:07 2013/06/28 by miyu

この記事へのコメント

kage

お帰りなさ~い

あ~ほっとした。
エントリーがあるの見て安心しました。
同じく海の前に住む私も本当ーーーに心配しとりましたよー。また小ネタを拾いまくって突っ込みまくって、一緒に気力を養いましょうね!

Posted at 08:10:08 2013/06/29 by rino

この記事へのコメント

kage

ただいま~

>miyuさん

ありがとうございます~!
無茶ぶりにきっちり応えてくれた先生のおかげで、とっても和やかな検査になったと思います。
検査終わった後の冷や汗が凄かったですけどね。いや検査中はおかげで気がまぎれました。
アメダンも自宅で無事見られたし、良い週末を過ごしてますよ~お気遣い痛み入りますです。
我が家はいつも波音が聴こえてる癒しロケーションですよ!単に田舎ってだけですが。笑

>rinoさん

ohオーシャンフロント仲間でしたか。やっぱ生活音として波音が聴こえないと落ち着きませんやね。
ご心配おかけしましたが、おっかない検査は無事終わりました。ありがとうございます!
なかなか心配の種が消えませんが、めげずにマイペースな突っ込みライフを楽しみたいと思います。
気力では病には負けぬ!!

Posted at 23:14:39 2013/06/29 by 大山

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。