2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夜中の列車に乗って旅立った君へ

kage

2013/07/14 (Sun)

gleekの皆さんはショックで頭が真っ白だと思いますが私もまっしろです。

twitterで第一報を見た時は誤報かデマだと思ったんで、日本語のニュース記事が出てきてさすがに「これは現実なんだ」と理解した瞬間は、どうすればいいのかわからないくらいまっしろになりました。
全身から力が抜けて、泣きたいのにうまく涙が溢れないような感じ。
リアが今後どうなってしまうのか考えたら不安でなりませんが、とにかくみんな心を強くもちましょう。

ああでも、コーリーみたいに誰に対しても優しくてスウィートで、共演者みんなに愛されて、世界中のgleeファンにも愛されて、薬物依存を克服しようとリハビリも頑張って、プラスの影響力に満ちているような善良な男の子が、なんで31歳の若さで恋人を置いて旅立ってしまうんだろうね。あまりに不合理だ。

人が死ぬとはそのようなもので、この半年で2度もガンの手術をしてる私だって5年後に生きているかどうかなんてわからないけど、でもコーリーは早すぎたね…。
リアとの結婚、レイチェルとの結婚、どっちも果たさずに行ってしまうのは心残りだろうと思います。

Tumblrでこんな言葉を残している人がいました。

"Cory Monteith didn't die, he just took the midnight train going anywhere."

Cory Monteith

コーリーは死んだんじゃない。ただ真夜中の列車に乗って、何処かへ旅立ったんだ。
なあんだ。Don’t Stop Believingだね。それなら寂しいけど悲しくない。
思うにコーリーはちょっと忙しくて疲れちゃって、一人になりたくなっただけなのかもしれない。



だからその道行が、どうか安らかなものでありますように。
君がgleeという宝物のような場所で残してくれたたくさんの思い出を、私は忘れません。
ありがとうコーリー。

Cory Monteith didn't die


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

kage

真夜中の列車に乗って行ってしまった

警察の会見映像やいろんなソースがTLに流れていた。
どれもちゃんと見なかった。
リアとの結婚が控えていたんだね…

自分は最愛の人を突然亡くした経験があって(だいぶ昔) だからダニーにもすごく感情移入したなぁ。
新しい家族ができて本当に良かった!

リアのことはホントに心配だけど、どうにもできないし。
とにかく生きていてね!!
義務感だけでもなんでも…

大山さんにはいつか会いに行くんで!!!
海 見せてくださいね。

Posted at 05:47:52 2013/07/15 by labu

この記事へのコメント

kage

なんだかもう、泣ける

私もその「真夜中の列車に~」って言葉をネットで見て、泣けてきました。

正直言って、皆さんほどにはgleeに熱心な方ではないのですが、たまに見てフィン役の彼の素朴そうな、だけどどっか寂しそうな雰囲気が好きだったです。曲者揃い(すみません)の中で、彼が出てくるとどこかホッとするというか。歌も踊りも特別に上手くは見えなかったけど、観ていて一緒に口ずさんだり身体を動かしたくなるような、そんな人でした。

最後の画像、これって彼のtwitterのですか? でかくて不器用で・・・そしてpersonって。31歳で亡くなるなんて、本当に残念です。

Posted at 14:09:54 2013/07/15 by miyu

この記事へのコメント

kage

When the Midnight Choo-Choo Leaves for...

>labuさん

gleeファミリーみんな打ちひしがれてるだろうけど、とにかく今はリアが心配なんで何とか乗り越えて欲しいですね~「こんな時レイチェルならどうする?」って心を強くもっておくれ。

labuさんもさあ、チラホラお話聞いてるといっぱい大変な思いをしてるんだよね、ぎゅー!!ハグ!!
私もこんな体になっちゃったけどがんばって生きてるし、楽しいこともいっぱいあります。
ダニーも今はあんなに幸せそうだもんね。生きていこうね。

海なんていくらでも見に来ていいよ!ていうかこのへんマジ海しかないから!!
テニスの話はあんまよくわかんないけど、観光案内するんで闘病生活抜けたらいつでも泊まりにきてください。



>miyuさん

今日Season4の19話を見たんですけど、フィンが大活躍するエピソードになってて、ものすごく…
なんて言えばいいのかわからない~悲しくて寂しくて言葉にならなかったです。
レイチェルと一緒にフィンがS1を引っ張ってくれなかったら、gleeの今の成功はなかったですよね。
共演者の誰からもあんなに慕われて…Only the good die youngとしかもう言い様が。本当に惜しくてなりません。
最後の画像はタンブラーから拾ってきました。コーリーのtwitter、最後の投稿が亡くなる前日のままなのがまた悲しくてたまりません。えーーーーん

Posted at 23:16:08 2013/07/15 by 大山

この記事へのコメント

kage

大山さま

初めてコメントします。。。

コリーが亡くなったなんてとても信じられませんが、死因がドラッグによるものではなさそうと聞いて少し心が軽くなりました。

でも、長年のドラッグは今回の死に少なからず影響を与えていたのでは思うと、改めてドラッグの恐ろしさを痛感させられます。

以前、ダレンがインタビューでドラッグ合法化の法案で賛成に投票したと言っていたのを思い出し、当時は「ああ、やっぱりアメリカ人はドラッグに簡単に手を出すんだなぁ」と思っていました。

これまでgleeでドラッグ問題が取り上げられなかったのは、ライアンお気に入りのダレンのその意見もちょっと影響しているのかと考えてしまいました。

願わくばダレンがもうドラッグとは縁を切っていて、コリーと同じ道を歩まないことを祈っています。

Posted at 10:47:17 2013/07/17 by りおまま

この記事へのコメント

kage

はじめまして

これまでROM専門でしたが初めてコメントさせていただきます。
連休前のレンタルDVD100円セールで、「GLEE」のシーズン3を全部借りて視聴中にこのニュースを知りました。
フィンがレイチェルに自分の名前をつけた星を送ったエピソードを見ていた時にニュースを見て、つらくて見るのをやめてしまいました。数日開けて、次のエピソードを見始めるとフィンが、実の父親が麻薬の過剰摂取で亡くなった事実を知る……という話で。
単なる偶然ですが、なんともやりきれない気持ちになりました。
最近、高校時代に好きだったバンドを再び聞き始めたのですが、離れていた間にボーカルが1時期ヘロイン中毒で一度、心臓が止まったとか、20年くらい前の人気絶頂期になんで日本にツアーに来ないのかと思っていたのですが、実は薬物中毒のせいで日本に来れなかったとかいろいろ知り……日本がまだマシなのか、あちらが酷いのか……。リハビリ施設に入所して、クリーンになろうとしていたコーリー。なのに、なんで?という思いもありますが、今はただ彼のご冥福を祈りたいと思います。

 長文、失礼しました。

Posted at 15:55:48 2013/07/17 by ナナッシー

この記事へのコメント

kage

薬物依存の恐怖

>りおままさん

初めまして。検死結果はもうご存知でしょうが残念ながらオーバードースでしたね。。。
ドラッグと完全に縁を切るのは本当に大変なことなのだと改めて痛感しました。
確かにgleeではドラッグ問題を取り上げたことがないですね。銃器問題にまで踏み込むgleeにしてはおかしいです。
これは作者のライアン自身がドラッグをやっている証拠だと今回確信しました。
自分がやっているものを「やっちゃいけない」とは書けないですからね…ダレンに限らずハリウッドにはドラッグが蔓延してますが、今回のことをきっかけに、なんとか次のエピソードで薬物問題に切り込んで欲しいと思います。
コーリーの死からアメリカが大事なことを学んでくれるよう祈っています。


>ナナッシーさん

はじめまして。ちょうどシーズン消化中にこんなことが起こって本当に残念でしたね。
私はシーズン4のフィンの出番が最後になるあたりでこうなってしまったので、未だに気持ちの折り合いが付けられずにいます。
アメリカはオバマ大統領がヘロイン経験者だと明言している国ですからね…やはり薬物については根深い問題があるんだと思います。
ブラッド・ピットなんかも「ハリウッドにはドラッグをやってる奴と、ドラッグで捕まった奴の2種類しかいない」みたいな主旨のことを言ってましたしね。薬物と完全に縁を切るのは本当に至難なのだと今回の件で改めて思いました。
本当に残念です。

Posted at 17:40:28 2013/07/18 by 大山

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。