2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脂肪フラグ

kage

2014/05/21 (Wed)

明日でシーズン13も終わりだってのに、ネタバレ掲示板が通夜なんですけどーー。
ここではアレックス応援率100%だったんで気持ちわかるけど、けーれぶとジーナだって応援してこうぜ!!
さー今年も大詰めです。声出してこーーーーーーーー……ハァ……

決勝感想の前に、ちょっとだけアレックスについて。
私が序盤から一貫してアレックス優勝予想を貫いていたのは、
「アレックスの声と音楽性が好みだから優勝して欲しい!」
という個人の願望に基づくものではなく、過去シーズンを踏まえた、一応の分析によるものだったんです。

1.AIでは過去鉄壁の強さを誇る、独創性に秀でた"White Guys With Guitars"ことWGWGの筆頭格であること。
2.早い段階でアレックスがiTunesのチャートにランクインしていたこと。

iTunesにおけるスタジオ版の売り上げ順位は、The Voice組やX Factor組の投票結果にも顕著なように、そっくりアメリカの反応を反映していると解釈して先ず間違いないんです。
WGWG筆頭のアレックスが、早い段階でチャートインした時点で、私の優勝予想は揺るぎないものになりました。
だからアレックスがクリティカルなステージを見せようが見せまいが、優勝は堅いと思ってたんです。
ところがの今年のTOP3。
この週はケイレブが絶不調で、アレックスはいつものペースで手堅くまとめたにもかかわらず、アレックスのほうが落ちてしまいました。
過去圧倒的な強さを誇ったWGWGが、こういう形で敗れるシーズンが来るとは正直思ってなかった。
それだけWGWGの強さに対する過信というものが、私のみならずアメリカにもあったんだと思ってます。
鉄壁のWGWGが生粋のロッカーに敗れるという波乱の展開は、今後のAIの方向性も変えていくのかもしれない。
色々な意味で思うところのある、アレックスの脱落劇でありました。

さて気持ちを切り替えてけーれぶVSジーナの一騎打ちとなったファイナル感想行ってみましょう。
決勝の選曲&主観による採点(10点満点)

サイモン・フラー選曲(Simon Fuller's Choice)
* Jena Irene – Dog Days are Over (5/10)
* Caleb Johnson – Dream On (8/10)


今期のお気に入り自己選曲(Contestant's Reprise)
* Jena Irene – I Can’t Help Falling in Love (8/10)
* Caleb Johnson – Maybe I’m Amazed (5/10)


優勝シングル(Winner's Single)
* Jena Irene – We Are One (6/10)
* Caleb Johnson – As Long As You Love Me (4/10)


結論:ジーナ優勝



揺るぎないよ!!

上述のiTunesのチャートに今日付でジーナしかランクインしていないのがもう決定的。
あと生粋のロッカーはAIでは優勝できません。これも間違いない。
さらにここ最重要ポイントですが、けーれぶがDream Onを歌ってしまったこと。
過去シーズンでDream Onに特攻したコンテスタンツは3人いますが、全員その週か翌週に脱落しています。
ついでに米Xファクターのジェフもこの曲を見事に歌い上げましたが、やっぱり勝てませんでした。

そう、オーディション番組におけるDream On選曲は死亡フラグなのです。
つーか私が応援してた候補者のDream On脱落率のあまりの高さよ(MJ、ダニー、ジェフ、けーれぶ)

この堂々ったる脂肪フラグっぷり!!どうよ!!悔いなし!!


というわけでジーナおめでとう!!
明日のグランドフィナーレは午前9時からリアルタイム鑑賞会やりたいと思いますので、都合つく方は⇒の簡易チャットに顔出してくださーい。
ていうか最近あんま体調よくなくて、寝すごしたらごめんなさい。

関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。