2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その澄んだ狂気に

kage

2014/12/06 (Sat)

九州場所が終わって、生命線が絶たれた思いだったあの暗澹たる月曜も最早忘却の彼方。
さようならOSUMOU…来年もよろしくねOSUMOU…初場所は琴奨菊がカド番なんすわ…たぶんなんとかなると信じてますが。

でもって気が付けばもう、羽生くん生誕祭2014前夜なんですよ。十代最後の夜ですよ。
もう明日からは「羽生さん」と呼ばねばなりません。明日から「羽生さん」にチェンジです。
そんな感じで、えーー……12月入ってから体調めちゃくちゃ悪いんですけど、なんとか冷静さを取り戻したんで、このままじゃ来年まで沈み込みそうな重い腰を上げることにしました。

まあ中国杯ですよね。中国杯すわ。流血のファントムですよ。
今は冷静に振り返ることができますが、あの大会の後は「羽生くんが死んでしまうのではないか」と心配で、ぶっちゃけ40時間近く一睡もできませんでした。
眠って目が覚めたら、羽生くんが冷たくなっているかもしれないと、ただ恐ろしくて。
頭フラフラなのにぜんぜん眠れなかったです。

これはマイケル・ジョーンズの急死がトラウマになってるせいもありました。
私は「自分が死ぬこと」については、脳の手術後の半年間は毎日覚悟ができている状態で生活してましたが、そのかわり他人の死にはあまりに無防備でした。

朝起きて、ネットを立ち上げたらニュース記事がこんな風に言うんですね。
「MJなら死んだよ」
足の血栓で病院へ行き、そのまま帰宅して、眠ってる間にあっけなく逝ってしまったというMJ。
MJは超有名人でもないから、ただ「死んだよ」って簡素なニュースしか入ってこない。
ショックを共有する仲間も日本にはいない。海外にだって、もうあまりいない。
世界はいつだって美しい。美しいけどでも、いつだって残酷だ。
あれはほんとに堪えた。
だから羽生くんも「このままいなくなってしまうんじゃないか」と怖くてたまらなかった。

羽生くんが帰国して、精密検査の結果が報道されるまではもう何も頭に入って来なかったなあ。
頭ぶつけて3ヶ月後くらいに突然死した人を知ってるんで、来春くらいまではまだ安心できないけど。

私は梶原一騎信者なんで、結果ではなく過程に価値を感じるタイプです。
だから羽生くんの試合の勝敗については本当にどうでもよくて、ただ彼が自分を尽くす姿を見たい一心で、初めて男子の試合の中継を、一生懸命リアルタイムで見てたんですけど。
あんな辛い中継なかったです。一緒に見てたおかんとずっと泣いてた。
その後ばあちゃんに電話したら、ばあちゃんもずっと「ゆづるくんゆづるくん」て泣いてて。
(ばあちゃんは翌朝まで泣いてた)
ついでに戦時中のことを思い出したらしく「あれが日本の男ぞ」的なことを言い出して、ついにばあちゃんボケちまったかと心配になったり、まあ平穏な日常をかき乱してくれましたよね羽生結弦19歳。

生ける梶原一騎を見守ることは、これほど過酷なことかと思い知らされました。
梶原系男子に心奪われた白木のお嬢さんやルリ子さんや早乙女愛の気持ち、今ならようわかりますわ。
ジョーに「ついていけそうもない」と告げ、うどん野郎を選んだノリちゃんは本当にまっとうな女です。

joe.jpg

みんな羽生くんにだけは心奪われたらアカン。あれはアカン男や。
流血のファントムはホセメン戦のジョーを思い出して恐ろしかったです。

だけど美しかった。
あの19歳の少年の澄みきった狂気が。

私は頭の中で「作り事」をこしらえて、ああだこうだと捏ねくり回すことで長年生活してきた人間ですが、そうした全てのフィクションが色褪せる瞬間というものを目の当たりにしました。
久保ミツロウが「あの羽生くんを見てた創作畑の人は全員、あれを現実にやられたらもう自分たちは勝てないと思ったはず」と言ってましたがまさにそれ。
あのたとえようもない美しさは、まあ生涯忘れられんと思います。
それが良いのか悪いのかは知らんけど。

さあどうしようという迷いに整理を付けるべく、中国杯後に作ったMADがこれ。


【MAD】Yuzuru Hanyu - Superstar

イチローに捧げられた詞ですが、「その人にとってのスーパースター」を歌った曲でもあるので使わせてもらいました。
海外の同志の人にも感覚的なものを伝えたかったので、英訳も付けましたけど、これはあくまで私が勝手に付けたもんで、椎名林檎が書いたオフィシャルな英詞ではありません。
よって解釈ミスもあろうと思います。
声を探すのは「私」ではなく「あなた」のほうだったかなとかも今思うけど、もうこれはこれで。

あとYoutubeの垢がTV朝日さんの著作権侵害クレームで凍結になったのが地味にこたえたYO!!
ニュース動画をまるごと上げたりしたのは確かにまずかったけど、全部自分でシコシコ描いた手描きMADまで消されましたわ。
一度UPした動画はばんばん削除してたから、もう手元に残ってないんだよね…。
ニコ動の垢が一日でも長持ちすることを祈ります。

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

kage

二十歳のお誕生日^^*

記事upして下さってありがとうございます。(勝手に)心配していました。あしたのジョーの例え、言当て妙ですね。アカン男です(iДi)
今日は、羽生君、20歳のお誕生日ですね。生まれてきてくれて、スケーターになってくれてありがとう、という気持ちになりました。
中国杯は、多くの人がPTSDみたいになったんじゃないでしょうか・・・。あの会場に居られた彼のお母様の心労は如何程だったのか。事故後、試合に出る前に羽生君、母親に会いに行ったということなので、ホセメン戦のお嬢さんとのやり取りじゃないですけど、想像してしまいます(iДi)オーサー本救いを求めて購入、震えながら読みました。NHK杯は、ほんとに生きていてスケートを滑ってくれて、ありがたいという気持ちになりました。
Youtubeの垢が凍結されたということで、私もショックです。毎日大山さんの動画見させて頂いてます。大山さんの動画が大好きです。羽生君のファンの多くの人が、大山さんの動画を愛してます。羽生君のファンブログによく紹介されていますもん。スーパースターの動画も大変な評判です。
羽生君、実は毎年のようにシーズンラスト、世界選手権あたりで、羽生劇場やらかすんですよ・・・。2012年は震災後のWC初出場で、被災地の為に!と悲壮な決意も相まって、剥離骨折を押しての強行出場でしたし、2013年は膝の靭帯損傷と捻挫とインフルエンザ(喘息持ちだから大変だったと思う)で3日間しか練習できてない状況、OP枠取りもかかっていて、マスコミの煽りも相当な中、選手生命を掛けての出場でした。しかも先輩(デーさんとムラさん)コケまくりで羽生君の頑張りでなんとか3枠ゲット。あの時も無茶しやがって、と思いましたが、中国杯はさらにその斜め上でした。いつもはシーズンラストにやるのに今シーズンは初戦からなんて、随分早すぎる(iДi)WCまでハラハラ覚悟です。
金メダルとってから、中国杯が初ライブ観戦の方、多かったと思います。羽生劇場の免疫なしに、あれは本当にきつかったと思います。多少の免疫あってもなにそれ、状態でしたが・・・。
http://www.youtube.com/watch?v=nSPve4NAKsQ
15歳の時からこんな覚悟で戦ってたんですよね・・・。歩くのも辛いほどの腰痛おしてって・・・
わああ、長文コメすみません。後から編集で少し短くさせていただきました。どうか身体お大事にしてください。羽生君も大山さんも、体調が良くなりますよう、お祈りしています。
追記
笑う門には福来る^^
http://blog.livedoor.jp/skatesoku/archives/7843679.html
帝王(アボット)vs王子(小塚)vs新人(羽生君)
飲食しながらはお勧めできません。

Posted at 13:04:53 2014/12/07 by ゆーり

この記事へのコメント

kage

あまりの超展開に

漫画やアニメの超展開には子供の頃から慣れ親しんでいるオタクすら、今回の羽生劇場っぷりには唖然とするほかありませんでした!!
なにそれぇぇぇぇぇ…!!!(iДi)
でも羽生くんが笑顔を取り戻してくれたんで本当に安心しました。NHK杯は胃が痛くなったので…。
ファイナルの圧勝を見届けた後は、泥のように眠りましたよ。あれはほんまアカン男や…。

羽生母者はあれです。たぶん息子劇場にはもうかなり免疫付いてるんで、拳握り締めて泣きながらホセメン戦を見届けたお嬢さんのように「滑りなさい思いっきり…!」って感じだったのでは…泣(iДi)
辛いわぁこんな男が息子とか心臓もたんすわぁ…!!羽生母者様超がんばってください!!

動画は楽しんでくださる方がいたり怒る人もいたりで色々ですが。笑。どうもありがとうございます。
Youtube垢凍結されちゃって心折れましたけど、幸いニコ動のほうはまだ見逃してもらっているようなんで、なんとかニコ動のほうで頑張ります~画質落とさなきゃならないから辛いんですけどね!

帝王マジすごいっすわ!!オブザデッド的な。もう特殊メイク?王子も。
羽生くんはまだまだですね。いやー青い青い。ていうか笑いすぎて死ぬかと思いました。あざます!!!

Posted at 22:27:22 2014/12/23 by 大山

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 13:23:59 2015/02/21 by

この記事へのコメント

kage

マイケル・ジョーンズ

はじめまして。

あのメンナクMADの作者の方だったとは!
感激して読み始めましたら、こちらの記事でまさかマイケル・ジョーンズが亡くなっていた事を知るとは…。
今夜はこれからボヘミアンラプソディーを聴きながら、彼を偲びたいと思います。

Posted at 23:44:31 2015/11/14 by みなみ

この記事へのコメント

kage

RIP

はじめまして。
そうなんです!!急逝してもうかなりたつんですが、なかなか生前の音源は聴けないですね…。
だから今でも生きてるような気分です。
心の中に生きてるっていうより、もう歌声は聴けないけどどっかに生きてるような。

Posted at 02:39:50 2016/01/29 by 大山

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。