2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界一愛しい

kage

2015/01/30 (Fri)

今年は「ジャッジ」「シェフ」「アベンジャーズ」と、ダウニーさん出演作がなんと3本も!!!
日本で公開されるという!!!じつに寿ぐべき年なんですけども。
地元のシネコンは「ジャッジ」「シェフ」の公開はないんだと!!!!!!

だと思ったーーーー。

いや、もういいんだよアベンジャーズだけでも観れるなら…。多くは望んでない。
アベンジャーズ、世界45カ国公開で7月公開は日本だけなんだってさー。さー。
前もそうだったわな。いやあの時は8月だったかな。
もう生涯日本の地を踏むことはないであろうRDJのかわりに今年は誰が来日してくれるんすかね?

さて「チーム・ダウニー」制作の記念すべき第一作となる「ジャッジ」ですけど、ロットマとかの酷評で覚悟してたせいか、日本の映画ファンの超好意的な感想に驚いてます。特に男からの支持がスゲー高いよね。
まー日本に限らず世界的に女性ファンよりも、ぼんくら野郎どもの支持のが高い人ですけどさ。

斉藤博昭評
「ロバート・ダウニーJR.は、現在、男たちの共感を誘う最強スターだと改めて痛感した。」

ハイそうスね。
あとデュバルさん、史上最年長オスカーいけるかも。アカデミー会員そういうの好きだから。

20150130.jpg

デュバルさんクッソかわいい!!

デュバルへの敬意でいろいろ助演賞にはノミネートされたんで、「ザ・ジャッジ」は作品自体は大成功とは言えないながらも、賞レースから完全無視される事態からは免れました。
RDJの演技への評価も、デュバルとのケミストリーの評価も高いんですけど、「作品としてものすごフツー」過ぎたのが、まあアカンかったみたいですね。
この課題を次回作に生かして…と言いたいとこだけど、ダウニーさん本人は「ヒーローとしての役目が終わったら、嫁はんと小規模な映画作りたい」と前々から述べておりますので、たぶんチーム・ダウニー製の映画は基本的に、今後も「ザ・ジャッジ」のような作りになるんでしょう。いいと思います。いやまだ見てないけど。
DVD待ちっすわ。いつものことっすわ。

そんなわけでRDJ個人が「ザ・ジャッジ」で得た評価は、今年のPeople's Choiceの2冠のみということになりました。
ピープルズチョイスなんてここ数年立て続けにもらってるし、今年でもう5個目じゃね?
もう特に嬉しくもないだろう…と思いきや、受賞スピーチがものすご真摯で泣きたくなった。
ホームズでゴールデングローブとった時のスピーチより、はるかに真面目でちょっとびっくり。
「ザ・ジャッジ」という作品における大衆の評価を、すごく大事に受け止めたのがわかったよね。



この賞は俺にとってパーフェクトなものなんだよ。
俺はみんなを愛してる。映画を死ぬほど愛してる。
俺の映画を愛してくれる人を、愛してる。
俺の2歳になる息子が、今日嫁さんにこんな事を言ってた。
「僕はママが大好き。絶対に、どこにも行かないでね。」
業界には”シネマスコア”って言葉があってさ。
こいつは、その映画がどれだけ金を稼いだとか、評論家がどう言ったとかとは関係無いんだ。
映画を見た観客が「どう感じたか」ってのがこのスコアの肝でね。
俺にとってこの賞は、そのスコアのひとつだと思ってる。
だから、本当にありがたいんだ。
俺はこれからも作り続けるよ。
みんなに愛される存在でいたいから。
「俺はみんなが大好きだ。絶対に、どこにも行かないで。」




世界中から愛されて、同業者からのリスペクトも集める一方で、結果として今超ナチュラルにハリウッドの頂点にいるこの人でも、やっぱり聴衆に「どこにも行かないで」って思うんだなあ。永劫の孤独だ。
あまりに見事に華々しくカムバックを遂げたもんだから、この人がドラッグやアルコールに依存して死にかけてた時期のことをつい忘れそうになる。

ヒーロー時代はいずれ終わるけど、40年後のあなたは普通にデュバルみたいなレジェンドになっとるやろ。
だってみんな、ボロボロだった時代を知ってても、やっぱりあなたを愛さずにいられないじゃんか。

男尽はRDJをただ愛しています。

あとダウニーさんファン同志の皆さん、ホント声かけてくださってありがとうございます!!
「シェフ」のダウニーさんかわいかったですよウフフって…ダウニーさんがかわいくなかったことって生まれてこのかた一度もないじゃないですか!!
「この惑星で一番カワイイ生物を連れて行く」とか宇宙人に要求されたら、未知との遭遇のラストみたいな画ヅラで、この地球はロバート・ダウニーJrを差し出さねばなるまいと常々思ってますから。

関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。