2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母に捧げるバラード

kage

2015/04/30 (Thu)

約半年間、ウキウキもガッカリもさせてくれた今年のアメリカン・アイドルもいよいよ大詰めです。
朗報としましては、今年はTop4から里帰り特典が与えられるそうです。良かったね!!
鬱報ですが、今年はTop3による決勝でフィナーレを迎えるとの噂が…まじで??
マジならもうAIじゃねーわそんなん…。
いや、「今年のAIどうかしてるわ」 ってみんな思ってるけどさ…。

5月12日に最終決戦、翌13日が最終回と発表されてます。
リアルタイム鑑賞会、今年も一応やりますかね?これで最後かもしれないし。

あとAIのフィナーレといえば、ノキアシアターで派手にぶちかますのが恒例行事でしたけど、今年はコダックシアター(ドルビーシアター)にダウンサイズだそうです。約7000人収容→3000人。
でもコダックはオスカーの授賞式で名高い権威ある劇場だし、なんといっても初代が優勝を飾った歴史を持つ劇場でもあるので、これについてはまあ原点回帰ってことで良いんじゃないかなと。

あ~いよいよ今年でAI終わりだねって 絶 望 感 も高まりますけどね!!
とりあえず今週の雑感いかせていただきます。

※以下Top5⇒Top4週のネタバレ感想につきご注意ください。







今週のテーマも2本立てですが、最初のお題「審査員のホームタウン繋がり」で、とっとと脱落者の発表がありました。
ちなみに、キース=ナッシュビル、JLo= ニューヨーク、ハリー=ニューオーリンズです。

今週は告知通り、B2一騎打ちによる再投票こそありませんでしたが。
脱落者は第二ラウンドでは歌わせてすらもらえないという相変わらずの残酷っぷり。
でもって脱落はやっぱり、空気化が著しかった彼女になりました。

ELIMINATED

Tyanna Jones

これはもうしょうがないです。
レイヴォンはもう一ヶ月以上も毎週ボトム入りして、誰より過酷な状況下で歌い続けてるわけで。
その中でここまで勝ち抜き続けた結果、シンガーとして一山越えた姿も見せてくれました。
かたや序盤こそ優勝候補として番組に推されていたティアナですが、最近は全く存在感を示せなかったので…。
ギリギリの綱渡りサバイバーという、他のファイナリストとは違うインパクトを視聴者に残したれいぼんは、やっぱり今期のMVPだと思います。

今週の選曲&主観による採点(10点満点)

Judges Hometowns
・Clark Beckham – Stevie Wonder’s “Living for the City” — (4.5/10)
・Jax – Alicia Keys’ “Empire State of Mind (Part II) Broken Down” — (5.5/10)
・Nick Fradiani – Matchbox 20’s “Bright Lights” — (7.5/10)
・Rayvon Owen – Lady Antebellum’s “Need You Now” — (5/10)


Soul Songs
・Clark Beckham – Josh Turner’s “Your Man” — (4/10)
・Jax – Christina Perri’s “Human” — (5/10)
・Rayvon Owen – Justin Bieber’s “Believe” — (8.5/10)
・Nick Fradiani – Rascal Flatts’s “What Hurts The Most” — (7/10)


いや、れいぼんのBelieveの点数が高すぎんのはわかってるよ!
ピッチは滅茶苦茶だし声も割れてて、冷静に点付けるなら60点程度の出来なのはわかってるけど。

でも泣けたんだ。

神パフォとかそういうんじゃないけど、今期初めて泣いた。彼がすべてをさらけ出したから。
予選や序盤戦で甘ったるく、武器のファルセットを決め打ちしてたレイヴォンが、小手先のワザを全て捨てて、ついにむき出しの「魂」を見せてくれるに至りました。
今期のとてつもなくイレギュラーなAI体験を経て、最も成長したのは間違いなく彼だと思います。
来週落ちても、これでもう何も悔いはないでしょう。
過酷なサバイバルをここまで生き延び続けたレイヴォンが、お母さんに捧げた渾身の一曲をどうぞ。



“Believe”

どうしてこうなったのかはわからない
簡単にはいかないことは わかっていたけれど
だけどあなたは 心から僕を信じてくれていました
たとえ何回 僕が 床の上に叩きのめされたとしても
あなたは 僕がまた立ち上がると 知っていてくれました
だから 僕は 今の僕でいられるんです

全てのことに 始まりがあるけれど
でもどんなことにも意味はない
あなたが 僕と一緒に夢を見てくれなかったのなら
ここに僕はいなかったでしょう
あなたがもし 信じてくれていなかったなら

空に手が届くような感覚を 僕は知ることはなかったでしょう
もしもあなたが 信じてくれていなかったなら
信じなかったら 信じてくれていなかったとしたら

たとえ何度 僕が 床の上に倒れ込んでも
あなたは 僕が立ち上がることを わかってくれていました
だから今 僕は 僕のままでいられるんです

どんなことにも 始まりはあるけれど
その全てに 意味はないのです
もしもあなたが 僕と夢を見てくれなかったなら
今の僕はいなかったでしょう
もしもあなたが 僕を信じてくれなかったなら



ここまで戦い抜いたレイヴォンを、私は称えたいっす。
よくやったよ!!



さて、今週一番良かったのはニックでした。
「勝ちたい」という明確な意思を初めて感じましたよ。2本揃えたし、これでTop3は確定でしょう。
番組で歌ったのはダニー以来となるWHTMのほうは、iTunesのランキング入りも果たしました。



Jaxはそこそこ及第点で揃えてきたので、彼女もTop3は安泰だと思います。
でもって、この土壇場に来て問題が発生したのが優勝候補筆頭だったハズのクラークで。
先週もイマイチでしたけど、今週はよりによって2本ともハズすという緊急事態に。
ていうか選曲な!
料理しきる自信満々だったんだろうけど、アメリカン・アイドルでYour Manというと、スコッティのテーマソングみたいなもんなんで、これはさすがに勝負に出すぎましたね。

↓やっぱこれやろっていう。



メンターのスコットも、選曲含めクラークの態度には納得がいかなかった模様。
もうニックかJaxに優勝して欲しいみたいだよ!
えー…そんなわけで今週も居心地悪い一幕がありましたが。
レイヴォンの熱唱に申し訳ないんで、この一件についてはあえてスルーします。

今週いいとこなかったクラークが、相当デンジャーではないかと。
誰より歌える人なのは全米も勿論わかってるけど、ニックとレイヴォンの好感度が完全に上行っちゃったからなあ…。
来週あっさりクラーク落ちてもおかしくないです。まじで。

20150501.jpg

あと今週のハリーのパフォーマンスまじ酷かったです。
クエンティンとのいざこざ後「さすが審査員。お見逸れいたしました」ってとこを見せなきゃならないこの局面で、これが地方予選ならゴールデンチケットすらもらえないレベルの耳を疑うパフォ。
グラミー賞3度授賞の圧倒的実績どこいった?

ハリーはここにきて株だだ下がりですねー。来年も番組あるとしたらハリーは降板かもしれん。

関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。