2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生き返りました

kage

2015/09/20 (Sun)

いつのまにかすっかり秋場所模様ですが、みなさんつつがなくお過ごしでしょうか。

正直「あーこれ今日こそ死ぬな」と毎日思うんだけど遺書を書く余力もないくらいの、かつてない異常な体調不良に苦しみ続けた9月でしたが、なんとか回復して容態が落ち着きました。
たぶん「夏バテ×夏風邪×熱中症」だとは思うんですけどね。血液検査の結果は異常なしでした。

リンパの手術受けてから、毎年夏が辛くなってるのは確かです。
今年はなんとか乗り切った感じですけど、来年の今頃も無事生きてたいな…今年の夏はマジしんどかったです。

でもあれですね。
人間てのは簡単にコロッと死にもしますけど、そう簡単にはコロッと死なないもんでもありますね。
さて、半年ぶりのMR検査の記録をつけときます。

9月1日に大学病院に行ってきました。半年ぶりのMRIです。
閉所恐怖症には地獄の苦行だってのは毎回書いてますが、今回も無様に恥をさらしてきましたYO!!
女性と男性と二人の先生が検査にあたってくれたんですが、私がパニック起こしかけると女の先生は「ハイ息を大きく吸ってー吐いてー」と励まし、男の先生は手を握っててくれました。
MR検査は常に生き地獄ですが、担当の先生がたは毎回優しい。人の情に救われますね…。はあ。
思い出して書いてるだけで恐怖が蘇って冷や汗出てきましたけど、拘束時間は30分くらいに短縮されたんで、そこは本当に助かってます
そう、検査中は拘束されるんすよね…レクター博士みたいな感じって言うとわかりやすいですかね?

20150920.jpg

こんな感じ。

大げさじゃないですて!!頭部と首はもっとガッツリ拘束されますしな。
今回は造影剤アレルギーが出たのかなんなのか、熱はないのにずっと頭がのぼせてるという症状に、2週間近く苦しみました。
でも脳の方は問題なかったです。やたー!!!次の検査はまた来年~。
太る暇なしのG先生、かなり早いですけど良いお年を!!

でもって転移が疑われた舌のほうですが、今回は主治医のH先生とK教授の二人に診てもらうことになったんで、スケジュールあわせるのに1週間あきました。
9月7日に再び病院へ。口腔外科にてお二人揃っての診察を受けました。
教授の触診の結果、舌はまあ今のところいいでしょうということに。
ホッとしすぎて家帰って寝込んだよね…。
ただ「歯の尖った部分が舌を刺激している」というのでガリガリ削って丸めてもらいました。

あーそうそう。

喫煙者でもなく年齢も若いのに、なんで舌に病変ができたかというと、この

「歯の尖った部分が舌を刺激し続けていた」

のが大元の原因だったみたいです。

私は生まれつき歯が尖ってて、しかも内側に傾きがちな歯の生え方をしているそうな。
あとものすごく舌がデカくて、歯に当たりやすかったというのもあるそうです。
舌がデカかったおかげで、手術で広範囲切除しても、日常会話に支障がないくらいは術後も普通に話せるという恩恵にも預かってますが、「生まれつき歯が尖ってる」体質の人は舌にあたらないよう要注意ですよ。これは伝えておかねば。
言えば歯医者さんで削ってもらえますので、気になる方はご自分の歯が尖ってないかどうか、ぜひ確認してみてください。

そんな感じで、舌のほうは一段落したんですが。
首ですね。
よくわからないんですけど、首の方になんか「リンパが散ってる」とかいうので、10月にエコー検査に回されることになりました。
最初はPETって言われたんですけど、PETは何度も受けたらあかんと教授が。そうですね。
最初の手術からそろそろ3年たつんで、念のためってことみたいです。
また来月ですね。この検査の結果次第で、今後の方針を決めていきましょうということになりました。

なんともないといいですけどねー。まだまだ不安です。
このエコー検査の結果がなんともなければ、また来年まで病気のことは忘れてられると思うんで、もうひと踏ん張りだ。

そんな感じで、とりあえず生存報告でした!






関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。